2018/1/28

Negative Zone War前半、X-MEN Gold  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

X-MEN二誌のクロスーバーが終わった後のX -MEN Gold (“XG”) 16号〜18号をレビュー。

筋書をMarc Guggenheim 、16号の画をLan Medina、17号、18号の画をKen Lashleyが担当。添付画像はXG 18号の表紙。Lashleyの画はクロースアップの方が良い感じなのでNIGHT CRWLER (“NC”) のそれを採用。中身の画の方がより感じられるのだが、インクも自分でやっていてJack Kirbyっぽい影の付け方が印象的。

最近のMarvelらしく話がゆっくり進んでいるので3号ぐらいで一つレビューしても良いな。あと、宇宙ものはあまり好きじゃないので、乗れないってのもあるか。

まずは粗筋から。Negative Zoneの惑星から放逐されたCreepy New Guy (CNG ちゃんとした名前はあるけど、こっちの方が好き。)を取り戻そうと、地球に到着した異星人の軍団は、CNGを救い出すが、ついでにKittyとNCが攫われてしまった。WOLVERINEを始めとするX-MENはNegative Zoneへと救出に向かった。

気に入ったシーン、台詞をいつものように紹介。Peterと男女の関係になったKitty。Rachael Summersがそれを知った後のKittyの台詞。”As a team leader, I’m ordering you, not to enjoy this.”リーダーであることを利用した言葉。可愛いね。

また、XGで気付いたのは、STORMのコスチュームが1970年代のものに戻っている点。これが一番好き。

コスチュームと言えばXG 17号で新コスチュームを着たWOLVERINEの台詞。”Told myself never wear another costume.” “Costume.”と二度繰り返すところが味噌。本当に嫌だという気持ちが伝わってくる。

NCは到着地点がはっきりわかっていないとテレポートできない。無謀なテレポートしたら、巨像の中にテレポートしてしまうシーンが印象的。ページ数稼ぎっちゃそうなんだけど。

その巨像。XG 18号の最後に動き出したのは面白かった。

日本人のヒーローが少ない中、ヒサコことARMORの登場は嬉しい。一方INKはよくわからないな。ま、登場人物の新陳代謝はマンネリを防ぐには必要な要素ではある。

怪我をして意識が戻らないRachael。ミュータントハウンド時代の入れ墨?が顔に再度現れたのは昔からのファンへのサービスで好きだな。

そのRachaelを始め1988年に結成されたEXCALIBURが再結集するらしい。X-MEN GoldのAnnualでね。いまから楽しみ。(事前に注文しておいて良かった。)

オマケ。苗字を間違われっぱなしのMAGMAが相手の名前をわざと間違えるシーンは結構好き。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ