2005/1/8

BATMANその1  アメコミ

久し振りに映画化するBATMANの話。

渡部謙さんが今年公開のBATMAN BEGINSでファンにはお馴染みの不死身の悪役Ra’s al Ghul (“RAL”)になることで結構去年から話題になってるよね。だけどどう考えてもRALってアラブ系の名前だよね?なんでチベット僧なの?

写真はこの映画の原作と言われている。BATMAN YEAR 1の単行本の表紙。日本でも小学館プロダクションからスーパーマン/バットマンとして3巻ぐらい出版されている単行本の中で翻訳されている。(但し絶版)

ストーリーはBATMANが犯罪者に対する戦いをまさに始めたばかりの様子が警察の腐敗を絡めて書かれてる。Gordon署長(まだ職位は署長ではない。)が浮気をしてたり、まだまだ経験の浅いBATMANがしょぼい犯罪者相手に苦戦したり、より人間くさい描写がここかしこにあり秀逸。

話をつくっているのは映画ロボコップ2と3で脚本を担当しているFrank Miller (“FM”)。画はDavid Mazzucchelli (“DM”)。本当は絵もFMに担当してほしかったけど、DMの絵も粗い線で人物が描き上げられていて味がある。写真の絵もDMのもののはず。FMに関してはまたこのBLOGで書きたいな。
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ