2020/1/18

芳ばしい煮干しの香り、梅ヶ丘の「柴崎亭」の塩煮干しワンタンメン  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

梅ヶ丘店 世田谷区梅ヶ丘1−23
2020/01/07

年末年始に出勤が多く、この日はその振休。前日に用事をチャッチャカ済ませたので、この日はラーメンと映画。まずは、つつじヶ丘の名店の2号店、梅ヶ丘にある柴崎亭にて新年最初のラーメンを食べることに。王道は自販機の一番左上なのだが、へそ曲がりのオイラは、「塩煮干しワンタン麺」950 yenに挑戦することに。

具は、メンマ、カイワレ大根、チャーシュー×1枚、ワンタン×6個。チャーシューは生ハム状の低温調理された肩ロース。結構ジューシーな肉なので、早めに食べた方が良いかもしれない。ワンタンの肉は粗挽きなのか、歯応えがありそれが、他店のそれと比べて魅力的。

麺は、田村製麺の断面が平べったい細めのストレート麺。ここの麺も、細いがモッチリとした歯応えが楽しめる良い麺だ。写真でわかるかな、すごく綺麗に麺が丼の中に座ってる。

座席に到着した時から、スープの煮干しの香りが鼻をくすぐる。そしてその香りは何やら芳ばしい。なんだろう一工夫してるんだろうな。そりゃ一番の醤油を注文しなかったのは申し訳ないが、やっぱり煮干しが好きなんだよね。塩っぱくないし、品があって、間違いなく美味しい。

この店に到着したのは11時半だが、並んでいないのが嬉しいな。そりゃ平日だし、この店の周りの人は12時ごろから来るんだろうな。もし、近くに住んでいる人がいたら、行かない手はない。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ