2020/4/11

厚切りされた鶏肉のしっとり感が印象的、「うずまき別館」のワンタン麺   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区赤坂3−6−6 B1
2020/04/03

ご飯を外で食べるのが怖くて持ち帰りをすることが多いのだが、ラーメンはそれができない。注意できることは全部注意して出掛けることに。赤坂の店は大体一度は行っている。今回は2年振り2回目のこの店を訪問することにした。前回気になっていたワンタン麺(しお)1,000 yenを注文。

具は、白葱、ミニトマト、葉物(いつも区別がわからん)、鶏、ワンタン×4個。鶏は低温調理され、厚切りになっている。この厚みがあるから、しっとり感を楽しめるんだろう。ワンタンの餡は豚肉。餡の量も多く、価格に見合っている。小鉢が付いていて。ジャガイモが、エビ、貝柱や野菜の入った味噌で和えてある。これも旨い。

麺は、断面が正方形の麺。イタリア料理店みたいに麺の茹で加減を試している店主が印象的だった。

スープは、しお、醤油の選択肢あり。鰹節の香りが最初の印象。最初は薄いかなと思っていたが、ワンタンや鶏の味を楽しむには寧ろこの程度に塩っけを抑える必要があるんだろうな。実は底の方までスープを飲まないと、スープの材料の味を楽しめない。徐々に旨味が増してくる感じがした。

ここの店主は別の場所で夜はおまかせしかないちょっと高めの中華料理屋さんをしている。ちょっと普通に行けないが、昼は財布を心配しなくても良い価格で食べることができる。行かない手はないね。こんなご時世なんで、並ばずに入ることが出来た。何が幸いするかわからない。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ