2020/5/23

開花楼の麺は少な目にするんじゃなかった、経堂「かみ山」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

世田谷区経堂5−29−21
2020/05/13

この日は、自宅で仕事。昼ご飯は当然のラーメン。勿論マスクを付けてソーシャル・ディスタンスしてね。ここの店の正式名称はYOKOHAMA中華そばかみ山。横浜というと家系がすぐ頭に浮かぶが違う。どちらかというと街中華。メニューは久し振りに、「タンメン」。「麺少な目」がメニューにあると言うことは麺の量が多そうだったので、それ800 yenと肉増し200 yenを注文した。

具は、キャベツ、ニンジン、ニラ、チンゲンサイ、モヤシ、カマボコ、豚コマ切れ、チャーシュー×1枚、茹で卵×1/2個。二郎系ではないので、それ程野菜ドバーじゃない。常識的な量で助かる。「肉増し」コマ切れ肉が多いことらしい。本当はチャーシューが多い方が良かった。ただし、ちょっと味が濃いめ。もっと濃いースープに耐えるにはこれぐらいじゃないと駄目なのかな。

麺は、浅草開花楼製。断面が平べったい長方形の太目のストレート麺。時間を計って麺を茹でてくれる。少な目はあっさり食べられる量だった。ちょっと惜しいことをした。麺がモチモチしていて良かった。

スープは、豚かな。しつこくないので、通常であれば飲み干せるのだが、麺が少ないのになみなみ注いでくれたので、かなり残してしまった。これだけで、満腹。まいりました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ