2020/8/1

再訪する価値あり、昔の名前で再出店した新宿御苑の「小麦と肉 桃の木」   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区新宿1丁目−32−4 エヌエスビル1階
2020/07/24

午前中は郊外で買い物、ちょっと遠いが新宿御苑ま引き返して復活したこの店を訪問した。もうグループじゃないらしい。たまたま定休日だったり、営業時間外だったりで何度か振られて漸く入店できた。今回は、「こってり醤油」 900 yenを注文した。メニュー名は10年前と同じだ。

具は、白葱、豚コマ切れ、背脂のみ。シンプル。葱は繊維に並行に切られている。豚は沢山入っていて途中で数えるのやめた。醤油には油揚げは入ってないんだな。

麺は、断面が長細い長方形の黄色い平べったい麺。結構普通盛りでも量がある。300 gぐらいかな。10年前の麺と色が違うと昔の自分の文書を読み直して発見した。

スープは、豚、苦味は煮干しかな。(恐らく10年前と同じ)この店を紹介する記事には和出汁と書かれていることが多い。こってりとは名乗っているがドロっとはしてない。豚肉がしつこくなく和の味とのバランスが良く最後まで飽きないで食べられる。再訪して良かった。

ここの店長は女性。どうやら二代目の店主だった人が「せたがや」グループから独立したらしい。媚びない愛想が気持ち良い。最初にこの店を訪れた時の店長とは違う人かな。兎に角この店の心地の良さは格別。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ