2020/10/17

久し振りのチャーシューの花巻、新宿御苑の「本家 第一旭」   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

この日は、午後から自宅で勤務。帰りがけのお昼ご飯は当然のラーメン。店の前を通ると列ができるほどの人気だったこの店を選択。京都の有名店らしい。基本のラーメン780 yen、味玉100 yenを券売機で注文した。

具は、九条葱、モヤシ、チャーシュー×5枚、味玉×2/2個。メンマがないな。チャーシューは肩ロースが5枚ものっていた。この価格でチャーシュー5枚は嬉しいな。それも花巻。落語、「時蕎麦」で「花巻にしますか、しっぽくにしますか。」と蕎麦屋さんがお客さんに聞くシーンがある。その花巻だ。江戸時代に豚肉の花巻はないけどね。味は結構濃いめ。スープに負けない。

九条葱が高いらしく、追加する場合は80 yenと店頭に貼られていた。

麺は、断面がほぼ正方形のストレート麺。周りのお客さんは固めで注文する人が多かった。オイラはそれ程固い麺に執着していないので、普通を注文した。

スープは、豚かな。それと濃い色の醤油を使っている。ごっついスープ。臭みがないので、飲みやすい。京都ラーメンというと「天下一品」というイメージだが、全然違う種類のスープだね。寧ろ天一が例外なのか。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ