2020/11/29

目玉はKindredの正体、しかし腑に落ちぬ、ASM 851(50)号、50LR号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

新しいSPIDER-MAN が沢山読めて楽しい。Amazing SPIDER-MAN (“ASM”)851(50)号、50LR号を読み終えたのでレビュー。(Legacy Numberとカッコ内はSpencer後の号数。)前号が$9.99に対し、851号は$5.99とかなりお高め。コスパは低いな。1,000円を超えるラーメンを食べ、その値段だったらもっとのせろと思ってしまうようなもんだ。

851号の筋書をNick Spencer、画をPatrick Gleason、50LR号の筋書をSpencerとMatthew Rosenberg、画をFederico Vincentiがそれぞれ担当。Gleasonが漸く中身の画を描いてくれた。待ってました。添付画像は851号のvariant。Arthur Adamsのもの。彼が描くGreen Goblinは良いがSPIDER-MANはオイラの趣味じゃない。

粗筋。Kindredは用済みのSin-eaterを始末し、次なる刺客を送り込んだ。何と蜘蛛の力を持つ仲間たちが悪魔化した化け物だ。SPIDER-MANは、DR. STRANGEに助力を乞う。

気に入ったシーンや台詞等を紹介。まず、Gleason。悪のNorman OsbornとSin-eaterに撃たれて毒気を抜かれたNormanを描き分ける技はなかなかのもの。それを見るだけでも買って良かった。(コスパが悪いと言った舌の根も乾かぬうちに。)

Sin-eaterを始末した後のKindredの台詞。”Those sins. They are someone else’s to carry on.”この台詞最初はよくわからなかった。これまでsin-eaterが始末してきた悪人の罪が蜘蛛仲間(The Order of the Webというらしい)に纏わせ、悪魔化させたらしい。どんだけKindredは強い魔力を持ってるんだ。というより、蜘蛛仲間が介入することをKindredは仕組んでいたのか。

前半で、George Staceyの遺体をKindredが掘り起こしたシーン。またまた、ここでオイラは騙された。正体はGwenなのかとね。騙されたこと自体快感。

正体がHarryであればKindredという名前がピンと来るので合点はいく。一方、どうやってそんな力を持つことができたんだ。腑に落ちぬ。しかし、疑問が解決しても、新たなる疑問が出て来る展開は嫌いじゃないね。

価格の他に気に入らない点。851号の進行が時系列的になっていなく、ちょっと話が掴み辛いところかな。その掴み辛い話が補足されているのが、50LR号。

襲われて川底の潜水艦から放り出されたSPIDER-MANがもう一度戻って仲間を助け出すシーンは彼らしくて良いな。一方潜水艦に取り残された罪に憑依された蜘蛛仲間は何をやってたんだ。生存本能はゼロなのか。

Dr. KafkaのNorman(この時点では完全に昔の彼ではない)に対する疑問。”Ask yourself who might intercede on your behalf.” Normanと息子Harryの間を取り持つことのできるのは誰かという意味だが、そのページの2ページ後に現れたのが、Mary Jane Watson。2回目の待ってましただな。そして、画を担当しているVincentiの画が一番光っているページでもある。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ