2020/11/28

製氷皿から出してきたような背脂、新宿ゴールデン街「麵屋我論」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区歌舞伎町1−1−5
2020/11/20


この日も午後は自宅で勤務。移動中の昼食は計画通りのラーメン。新宿は西口の新店と迷ったが、1か月前ぐらいにテレビで見た、ゴールデン街の飲み屋がラーメン屋さんとして営業している、この店を訪問。基本の淡麗ラーメンを差し置き、「背脂煮干しラーメン」1,000 yenを注文した。(最近ちょっと高いメニューを注文し過ぎ。)

具は、メンマ、青葱、玉葱、唐辛子、味変用に別皿にのせられた葉唐辛子、背脂、チャーシュー×3枚分ぐらい。最後の方に唐辛子を齧ってみたが辛かった。当たり前。葉唐辛子もスープに投入したらかなり辛くなってスープを飲み干せなかった。チャーシューはどっちだか自信ない。柔らかくなるまで煮込まれて噛みちぎる必要なし。大量の背脂は製氷皿で作った氷のように形がしっかりしている。こんな状態の背脂初めて。(写真だとスープの外側に漂ってる白い塊が背脂)

麺は、国産小麦使用。断面がほぼ正方形の細い麺。細い麺なのは、バーだけに茹で時間を短縮したかったんだろうな。

スープは、煮干し。無化調に拘っている。炭酸水使用とのこと。もともと5 gallonsというバーが営業しているラーメン屋さんなので炭酸水は沢山あるらしい。煮干しだけどこれでもかってくらい煮干しではない。また塩っぱくないので誰でも食べられる。そこが良いな。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ