2020/12/5

出汁と塩だけで麺が食べられるほど旨い、西新宿5丁目「らぁ麺屋 嶋」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
渋谷区本町3−41−11
2020/11/23


連休3日目、Go To何とかには関わらないオイラは、ラーメンぐらい食べたいと思い、テレビでちょっと見たこの店を訪問することにした。テレビでは新宿と紹介されていたが、最寄駅は西新宿5丁目か、中野坂上、初台。事前調査の結果、「鰹昆布水つけ麺」(醤油)1,000 yenを注文することにした。外は寒いのにね。

具は、メンマ、白葱、ミツバ、薄く切った唐辛子、チャーシュー×2枚。チャーシューは、肩ロースとバラ肉の2種類ある。炙ってあってその香ばしさが味わいに厚みを加える。あまり甘くなく、歯応え重視系。ここの店の場合、肩ロースの方が好きだな。珍しい。

麺は、断面が横長長方形の麺。見た目250gかな。麺の中に麦の粒がある。メニュー名の通り鰹昆布水に浸っている。最初は、キメの細かい塩をかけて食べる。これが旨い。出汁と塩だけで麺を全部平らげられる。難点は昆布のスープがヌルヌルしていて箸で掴み辛い点。

スープは、魚介系なのかな。鰹昆布にもう鼻が慣れちゃって、スープまでわからん。よくあるつけ麺のドロドロスープではなく、清湯。若干甘いが甘すぎず、酸っぱくないのが良い。評価高し。鰹昆布とどうバランスさせて食べるかは難しかった。

席は6つと少なく並ぶのはしょうがない。休日のお昼時ということもあり、入店まで1時間20分。薄着だったので風が冷たく寒かった。店内が温かくて良かった。換気との兼ね合いも難しいだろうなこの季節。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ