2020/12/12

厚く切られていてさらに歯応えを堪能できるチャーシュー、大久保「麺屋 悠」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区百人町1−23−11
2020/12/04

この日も会社を半ドン(死語だね)。目当ては大久保のラーメン屋さん。小滝橋通りからちょっと入ったところにあるこの店を訪問した。この店の一押し「ワンタン麺」900 yenを注文した。

具は、メンマ、白葱、チャーシュー×2枚、ノリ×1枚、ワンタン×5個。ワンタンは豚挽の味が堪能できる美味しいやつ。この値段でこのクオリティで5個は御の字。それも良いのだが、経堂「はるばる亭」で食べたような歯応え重視系のチャーシューは久し振り。厚く切られているので、さらに歯応えをしっかり堪能できる。

麺は、断面が正方形のストレート麺。細めなので、食券を渡してからの茹で時間が早くビックリした。

スープは、煮干しや魚の節と動物。量は結構多め。煮干しは前面に出ているが、出過ぎることもなく、柔らかな仕上がりとなっている。凄い。午後1時を過ぎてもお客さんが次々と訪れ流石繁盛店。ここ味噌も自慢みたいだ。好みは普通の醤油なのでこちらを選択したけどね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ