2021/4/10

煮干しが沈殿するほど入っている、中野駅「肉煮干し中華そばさいころ」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

中野区中野2−28−7
2021/04/03

この日は中野で野暮用があり、昼の腹拵は中野の有名店であるこの店を訪問した。券売機にお薦めと書かれていた「マシニボ肉中華そば」900 yenを注文した。

具は、メンマ、白葱、ナルト、チャーシュー×5〜6枚。チャーシューはバラ肉かな。分厚く切られていて、敢えてマシ肉を追加する必要もなかった。美味しいんだけどね。食べきるのが大変だった。メンマがちょっと固い。

麺は、断面が長方形。茹で時間は長い。表面がツルツルとして噛むとモッチリな珍しいタイプの麺。量もそこそこあるね。

スープは、メニュー名の通りかなり煮干しが入っている。飲み進むと底の方に煮干しが溜まっているのが見て分かる。これでご飯食べたいぜ。最初は塩っぱいかなと思ったが時間の経過と共に慣れてくる。写真を見直すと結構脂が浮いてるね。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ