2022/4/9

赤坂に似合う大人なスープを提供する店、赤坂「RAMEN 百舌鳥」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

赤坂の新店を検索していたら引っかかった3月に開店したばかりの「RAMEN 百舌鳥」さんを訪問。場所はTBSの地下赤坂の駅に直結。呑んだ最後の締めの店を狙っているのかな。「ワンタン塩ラーメン」1,050yenを注文した。ウクライナ危機でラーメン価格もこれから心配。

具は、白葱、玉葱、三つ葉、カイワレダイコン、チャーシュー×2枚、ワンタン×4個。チャーシューは豚肩ロースも鶏も低温調理されたもの。鶏がジューシー。ワンタンは豚挽肉。餡に肉がタップリ入って嬉しいね。200円増しで満足な品質。

麺は、全粒粉。断面はほぼ正方形の細麺。茹で時間が非常に短い。春よこい、きたほなみ使用。

スープは、カツオ節、煮干し、昆布、鶏とのダブルスープとのこと。塩、白ワイン、白ワインビネガー、白醤油も使用。拘りまくってる。胡麻油の香りもするな。とにかくシツコクない。塩分だってそんなに多くないんじゃないかな。スープの量自体それ程多くないので楽勝で完飲。まさに呑んだ後の締め的。赤坂に似合う大人なスープを提供する店。

港区赤坂5−3−1B1
2022/03/30
0
タグ: RAMEN ラーメン 赤坂




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ