2008/5/25

SPIDER-MANの41  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
今日はThe Amazing SPIDER-MAN のArc、“Brand-New Day”の3ヶ月目の話。筋書きをBob Gale、画をPhil Jimenezが担当。Philの画は1970年代の画家の画みたいだな。嫌いじゃないけど、のめり込むほど凄くはない。

内容はLizardには変身していないConnors博士の研究室から研究中のBHK stem-cell(万能細胞みたいなもんか?Googleで検索して内容が難しすぎたので諦めた。)を「こそどろ」が盗み出して使用(麻薬と勘違い)。その結果「こそどろ」が化け物になっちゃうって話。この悪役がきもい。よっぽどLizardの方が可愛げがある。内容とは関係ないけど、もし映画SPIDER-MAN 4が公開されるとしたら、悪役はLizardだな。

一方、心臓発作を起こしたJJJの新聞Daily Bugleを買い取り新しい編集人になったDexter Bennet。こいつはいつも人の名前を間違える。Peter Parkerの名前も正しく読んでもらったためしがない。だけど、友達の父親の都合の悪い写真をPeterが撮った時だけちゃんと名前が新聞に載り、その友達からPeterが恨まれるっていうシーンがピカ一。(アメリカの新聞では写真を撮った人の名前がちゃんと載る。)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ