2008/6/8

CAPTAIN AMERICA 6  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
上の写真はCAPTAIN AMERICA (以下“CAP”)36 (Volume 5)号の表紙。古き良きアメリカの本(ペイパーバック)の表紙みたいだ。悪くない。筋書はEd Brubaker。そしてSteve Eptingが画家として戻ってきた。落ち着くね。

第二次世界大戦のナチスドイツ占領下のパリ開放のシーンが良いな。解放されたパリから逃げる前の、宿敵Redskullの負け惜しみが、悪人なのに憎めない。また、CAPの昔の相棒FALCON(最初にこの記事を書いた時、間違ってREDWINGって書いてしまった。ちなみにREDWINGはFALCONの使っている鷹。)やAVENGERSでCAPともに戦ったHAWKEYEは、BuckyがCAPの衣装を着ていることを快く思ってない。一方物理的にも精神的にも囚われの身の元S.H.I.E.L.D工作員Sharon Carterは初代CAP、Steve Rogersらしき人物と出会う。こいつはSteveなのか、ただのクローンなのか。

下の写真はCAP 34号のVariant Cover、そして今一番気に入っている画家Alex Rossのサイン付き。(Dynamic Forcesのロゴの上)時々買っちゃうんだよねサイン付きの漫画を。去年の11月に注文して到着したのは6ヵ月後。$13.50はそんなに高くない。下書きはRossの画じゃないかもね。最後の彩色はそうだと思うけど。(それじゃなければさすがにサインできないから。)とにかくかっこ良い。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ