2011/2/13

マーベル・キャラクター大事典  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
今週も御用達Milehigh Comicsから漫画が到着しないため、レギュラータイトル以外のネタ。今回は、マーベル・キャラクター大事典。添付画像の帯に書かれているコピー「小野耕世氏大絶賛」は笑える。1970年代からのアメコミファンだったらわかるね。

小学館プロダクションからこの手の本が発売されると必ず買うことにしている。理由は欲しいからというより、買わなくて後から後悔したくないから。我ながら後ろ向きだな。定価は4,935 yen、高い。去年の7月に発行されたものなのだが、今日ヤフオクで売り出されている金額を見てみたら16,800 yenになっていた。高い。

キャラクター大事典ていうくらいで、ABC順で並べられたキャラクターの解説が掲載されている。執筆者はMarvel Comicsの元編集長のTom Defalco他多数。特にあまり読まない雑誌(昔のAVENGERS、FANTASTIC FOUR他X-MEN、SPIDER-MAN以外のタイトル)の歴史は知らないことの方が多い。「そうだったんだ」って思う記事は結構ある。 知らないキャラクターも多数だね。4,935 yenの価値は大有り。一人一人の記事をちゃんと読んでいたら、ものすごい時間がかかる。正直まだ読み終わっていない。

野口悠紀雄先生によると本には索引がなければいけないのだが、ちゃんとこの本にも索引がある。これは便利。時々このBlogを書くときに参考にする。

難を挙げるとすれば、画にばらつきがあること。表紙の画もあまり上手くなくて、正直好きじゃない。総じて過去に掲載された画を転載する場合は好ましい画が多いのだが、この本のために描かれた画は良くないな。一軍級の画家が描いてないからだね。あ、それから翻訳する段階で発音の仕方が違う場合もあるので注意が必要。例えばHydraは「ヒドラ」ではなく「ハイドラ」と発音するのが正しい。(確かに語源はギリシャ神話の怪物ヒドラで間違いじゃないけど。)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ