2011/3/26

瀧本軒  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
中野区上高田1−2−51
2011/03/20

「化け見世V」なる妖怪がテーマの作品展が東中野であり、それを子供と見てから、中野へ向かった。この店は、東中野から中野方面に早稲田通りを歩いて右側にある。作品展を見ている時から既にお腹がもの凄く減っていて、事前調査の店とは違うたまたま見つけたこの店に入った。「つけ麺」 700 yenを注文。

具は、シナチク、白葱、ナルト、ノリ×1枚、チャーシュー×1枚。チャーシューは固めに仕上げられた肩ロース。こういった昔ながらのチャーシューも美味しいね。葱に苦みがあって、これぐらいの苦みであれば苦みもOK。葱の苦みが結構最近好きになってきた。

麺は、300 g。中太ストレート麺。麺の箱に「清勝丸」の文字あり。経堂の「清勝丸」と同系列なのか。しかし、経堂の「清勝丸」よりは、麺が細いな。

スープは、豚骨と魚介のダブルスープ。最後にスープ割りをお願いしたら、「豚骨」か「鰹」出汁の選択肢あり。割りスープに選択肢があるのは初めてだな。「鰹」出汁を選択。期待通りほのかな「鰹」の香りが楽しめた。

全般的に価格抑え目。この金額で「つけ麺」が食べられるのは、好印象。一方、ちょっと店内に広がる「豚骨」臭さが気になった。
2
タグ: 中野 豚骨




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ