2013/1/4

この人の描く女性に一目惚れしてもおかしくない、Adam Hughesカバーラン  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

不定期ブログ第三弾。

今のアメコミ画家の中で、この人の描く女性にまかり間違って惚れてもおかしくないって思う人は、Greg LandとAdam Hughes。昨年暮れにAdamの画集が出たんで迷わず買った。

画集なのに翻訳家の名前、「石川裕人」さんの名前が印刷されていて、何で?って思ったけど、Adamが一つ一つの画にコメントしていたんだね。

さて、この画集はAdamがDC Comicsで描いた漫画の表紙を一冊にまとめたもの。表紙と侮ることなかれ。一枚の画の中に一つの物語が入っていて、読むのにもの凄く時間がかかる。石川さんの翻訳したコメントを飛ばしてもだ。やはりこれだけの量があると中にはあまり好きになれない画もあるのだが、ほとんどの画が素敵だ。

ちなみにAdamのコメントもちゃんと読んだよ。学校で画を学んだわけではないから、努力しているみたいなことが書かれているんだけど、その努力は、無駄になっていない。時間が経過するにつれ、どんどん画が良くなっていく。また、構図を考えるのにものすごく時間をかけることが書かれているな。んーんこの辺は、もしかしたら筆の遅い言い訳かもしれない。

以下特に気に入った画を列挙する。まずは、この画集の表紙にもなっているCAT WOMAN("CW”)。Audrey Hepburnがモデルだね。(ちゃんと本人のコメントにも書いてある。)着ているコスチュームの質感なんかも丁寧に描かれていて良いな。漫画の表紙画ではCW 82号のもの。CWが車を運転しているシーン。CW誌が終了間際のものらしく、終了を悲しんでいる図らしい。物憂げなCWの表情が良いね。

それから、WONDER WOMAN ("WW”)153号の表紙。WWとWONDER GIRL (“WG”)が空を舞っている図。WGを優しく見守るWWの表情が良い。もう一つSecret Files 2号のWWの画も良い。彼女が拳銃やマシンガンの弾丸を跳ね返したため、後の壁には人型が残っている図。

最後にTEEN TITANS 75号の表紙。STAR FIREのコスチュームの質感が非常に描けている。また、彼女の眼が描かれているのも珍しいな。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ