2013/10/27

アメコミの祭典、海外漫画フェスタレポート  アメコミ

海外漫画フェスタは、先週も書いたように、Yankeesの一軍級の画家達が大挙して押し寄せたイベント。

前日からDJ Welchさんという画家さん(フリーランスで後述のSean GallowayさんやRyan Benjamminさんと仕事をしている。)の通訳をしまくり。なので、去年のように好き勝手に動けず、その日しか会えない画家さんのスケッチをもらえず仕舞い。残念無念。だけどDJさんとはFacebookで繋がり、嬉しい限り。

一方、事前に注文したCommission(自分の好きな画をお金を払って描いてもらうこと)無事受け取ることに成功。

以下Commissionと当日お願いしたスケッチの短い解説。


@Ryan Benjamin さんのCaptain America
クリックすると元のサイズで表示します
注文したイメージとはちょっと違うけど、物凄い迫力です。ちなみに、Jack KirbyへのTributeだよ。裏を返すとWolverineが出てくる意外感に感動。はっきり言って自分がお願いしたCommissionが、一番かっちょ良い。(アッハハハ)


AClay MannさんのSPIDER-MAN
クリックすると元のサイズで表示します
HULK king-size special 1号へのhomage(参考した原本はSterankoの作品、下記のリンクを参照。)
http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http://farm4.staticflickr.com/3273/2570769372_b7af2be87e_z.jpg&imgrefurl=http://www.flickr.com/photos/giantsizegeek/2570769372/&h=640&w=433&sz=211&tbnid=L8VDo3fXNWsv2M:&tbnh=90&tbnw=61&prev=/search%3Fq%3DHULK%2Bking-size%2BAnnual%26tbm%3Disch%26tbo%3Du&zoom=1&q=HULK+king-size+Annual&usg=__RoNiI6aTR502G-Y_6oQvgRA5v14=&docid=oSQ2T4YAzHfcHM&sa=X&ei=ki1rUuDcL8KKrQeT84EY&ved=0CDMQ9QEwBA
と大いなる責任を担うというSPIDER-MANのテーマを一つにまとめた。おいらの考えたアイディアでは一番面白い、個人的に一番思い入れがある作品。


BPeter NguyenのCaptain BRITAIN とMeggan
クリックすると元のサイズで表示します
先週の記事で紹介したX-MEN 141号の表紙画へのHomage。@Aもそうだが、過去のアメコミの表紙画へのHomageが個人的に好き。女性を描かせたら、Peterさんてことで、Megganをお願いした。

クリックすると元のサイズで表示します
CDJ WelchのANGELのスケッチ
昔のAngelね。彼の描く目が印象的。(本人にもそう伝えた。彼はインクは入れない。(仕事ではPCでインクを入れているので、インクは入れないって言っていた。)良い画です。


DSean GallowayのBamf
クリックすると元のサイズで表示します
アニメの世界の人なので、こんな感じ。仕事仲間のDJさんに父親のようにアドバイスする様子は見ていて微笑ましかった。


E小野耕世さんのサイン。
クリックすると元のサイズで表示します
この人が1970年代に翻訳したアメコミがなければ、今の自分はない。

アーティストの皆さん、アメコミファンの皆さん、お会いできて光栄です。また来年会場で会いましょう。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ