2014/3/1

適量のチャーシューが、優しくお腹を満たしてくれる、「麺や百日紅」  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区新宿3−4−8
2014/02/23

この日は、新宿で映画鑑賞(久し振りのアメコミ映画以外)。その前に当然のラーメンでの腹ごしらえ。この店には行くのは3年振り。新宿でラーメンを食べる機会が少ない割に、未開拓の店が多いからね。前回は、つけ麺だったので、今回は、温かい「魚介塩そば」、半チャーシュー増し850 yenを注文した。
(前回のリンクは下記。)
http://green.ap.teacup.com/amecomitoramen/636.html

具は、シナチク、白葱、青葱、玉葱、チャーシュー×6枚、味玉(サービス)×2/2個。バラ肉のチャーシューは最近の食欲に見合ったちょうど良い量。(店によってはチャーシューメンをたのむと肉の量が多過ぎて、途中でもういいって気がするもんね。)味玉はしっかり味が付いていて評価が高い。少なくとも1日は付け汁に浸かっているはず。

麺は、普通の太さの縮れ麺。ちょっと量が多いかな。食べちゃったけどね。

スープは、煮干し他の魚介。ちょっと塩っぱいけど、許容範囲。店員さんが、おいらの座っているカウンターテーブルに来た時には、煮干しの香りも連れてきた。幸せ感たっぷり。

美味しいし、幸せ気分にひたれたのだが、かかっている音楽がユーロビートはいただけないな。早く食べろと急かされている感じがした。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ