2014/3/15

常に食感にこだわっている、「麺屋武蔵虎嘯」の「牛つけめん」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区六本木4−12−6
2014/03/12


短いタイへの旅から帰国し、ラーメンを渇望している胃を黙らせるため、「麺屋武蔵虎嘯」へと向かった。この店メニューを頻繁にいじっているので、いつも新鮮。(青山にあった時からそうだったよね。)今回も自販機のメニューに見慣れぬものがあったので、迷わず、 「虎嘯牛つけめん」1,000 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、水菜、ノリ×1枚、牛の塊×7〜8個。スープには魚の骨を揚げたものが入っている。これが香ばしくて、パリパリした歯応えで新鮮だった。穴子の骨かな?この食感が最後まで続いて印象が非常に強かった。牛の肉はどこの部位かな。カルビ?ハラミ?(焼肉屋さんに頻繁に行くわけではないので自信がない。)ご飯にのせても美味しいだろう甘辛い味付けも珍しくはないが、良かった。

麺は、幅広いきしめんみたいなもの。 過去に確認した量と変更がなければ270 gの「中盛」をお願いした。食べたときはそうでもなかったけど、結構腹は膨れる。

スープは、ちょっと辛めの清湯で、出汁がわかりにくい。「濃厚つけめん」のドロっとしたスープとは異なる。牛肉の甘い味付けがこのスープの辛さとマッチしている。備え付けの「蝦胡椒」は使用する必要なし。

しかし、この店の価格設定も高くなったな。1,000 yenがベースとなってしまった。消費税の増税は来月なのに。従業員の給与に反映されれば、経済が上向くので歓迎するが。その辺是非とも経営者の方お願いします。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ