2014/4/5

スープ割の後の煮干しの香りが最高、「月と鼈(すっぽん)」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
新橋4−27−7
2014/3/29

この日の午後早く日比谷でアメコミ関係の講演会があった。その直前のお昼ご飯は当然のラーメン。事前調査済みのお店の内、霞が関からなるべく遠いこのお店を選んだ。最高気温20度とちょっと歩くと汗ばむくらいの気温のため、当然のつけ麺。「濃厚煮干つけ麺」 780 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、玉葱、チャーシュー×2枚分ぐらい。結構シンプル。チャーシューの味付けが甘め。つけ麺にしてはスープに甘さがないので、このチャーシューの甘さは、アクセントになっているな。具とスープの味のバランスは重要です。

麺は、240 gが並盛なので大盛は300 g強かな。(確認するのを忘れた。)断面がいびつな正方形の太麺。麺の中に小麦粉の粒が残っている。結構多いと思うのだが、あっと言う間に食べてしまった。

スープは、この店の売りの煮干しと動物系。これでもかというぐらい煮干感はあるが、エグ味なし。前述の通り、つけ麺のスープにしては珍しく甘さがなく好印象。割りスープ加えた後には、煮干しの香りが一段と増し最高の気分。

店内でかかっていたのは、Bon Jovi。そう言えば彼らのCD売っちゃったから、しばらく聞いてなかった。懐かしい。

新橋駅から幾分離れたこの地域、この店以外にも結構良い店がある。土日が休みのところもあるのが残念だな。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ