2006/12/31

冬の松本城061230  

冬の松本城

12月30日(土)長野駅から中央本線特急あずさに乗り、自宅へかえる途中、松本城を見ようと松本駅へ途中下車した。
もう何回も松本城へ来ているが、時間も16時を過ぎており夕暮れの松本城も趣きのある写真が撮れるのではと足早にお城へ向かった。
大名町通りを通り突き当たり場内へ入り、時計回りでお堀を一周して撮ってきました。



クリックすると元のサイズで表示します
松本駅前


クリックすると元のサイズで表示します
外堀

大名町通りを松本城に向かって歩くと突き当たりの右側に外堀があるが、ここには沢山のが泳いでいたので、暫く見ていたら鴨が餌をくれるのかと思ったのか、いっせいに私の方へ向かって泳いできた。
この池に棲んでいる白鳥もつられて泳いできたので、すかさずカメラのシャッターを切ったが、良く見ると連合艦隊がこちらへ来るような波紋のようだった。


クリックすると元のサイズで表示します
冬の松本城(1)
大名町通りを抜け、松本城内に入ると、すぐ五層六階の天守閣が見えてくる。


クリックすると元のサイズで表示します
冬の松本城(2)
全体的に黒いため、別名鴉城(からすじょう)と呼ばれている。
お城の周りにはが飛んでいました。


クリックすると元のサイズで表示します
冬の松本城(3)
ここから松本城をお堀の外側を時計回りに廻り写して行くと、叉違った松本城が見えてきます。


クリックすると元のサイズで表示します
冬の松本城(4) 
歩きながら松本城を角度を変えて見て廻ると、それぞれの顔を見せてくれるところが気に入っている。 


クリックすると元のサイズで表示します
冬の松本城(5) 埋橋松本城


クリックすると元のサイズで表示します
冬の松本城(6) 堀に映った松本城


クリックすると元のサイズで表示します
冬の松本城(7)
城内の樹木と通路埋橋松本城
青葉の百姓が最高に気に入ったアングルです。


クリックすると元のサイズで表示します
冬の松本城(8)
裏側へ廻っていくとが残っていた。


クリックすると元のサイズで表示します
冬の松本城(9)


クリックすると元のサイズで表示します
松本城周辺の宿木
お堀の外側の樹木宿木が、枝に真綿のようについていてこれから厳しい冬の到来を教えてくれるようでした。


クリックすると元のサイズで表示します
松本城外周道路
もう殆んどの木々には葉がついていなく、枝ばかりでした。


クリックすると元のサイズで表示します
冬の松本城(10)
夕日が落ちかけていく松本城、寒〜〜い! 寒〜〜い!


クリックすると元のサイズで表示します
太鼓門

時計回りで撮り歩きして、この新しく復元された太鼓門より城内に入り大名町通りのあるメインの入り口まで戻り、現存する五層六階の天守閣を持つ城としてわが国最古の国宝松本城を後にして松本駅へ向かう。

12月29日〜30日にかけて、高崎→戸倉・上山田温泉→野尻湖→長野→松本への二日間の走り抜けた旅もあっという間に終わってしまったが、それなりに収穫のある旅だった気がする。

2006年もあと1時間を切ってしまったが、来年はもっともっと収穫のある旅をしたいものだと思っている。
                 青葉の百姓 2006.12.31記


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ