2009/4/8

一宮御坂桃源郷散策090407  

一宮御坂桃源郷散策

20数年前に縁があり会社の仕事で山梨県全域を担当する事になり、単身赴任で3年間勤務していた時のことである。
毎週週初めに早朝横浜の自宅から自家用車で通勤し、週末になると甲府から自宅へ帰っていた。

毎年4月の桃の花が咲くころに、東名高速道路一宮御坂インター辺りに差し掛かるとピンクジュータンを敷いたように綺麗だった事を記憶している。
山梨勤務の3年間は仕事に追われ、一度もこの一宮御坂桃源郷を観る事は出来なかった。
どうしても観ておこうと4月7〜8日にかけて、一宮御坂桃源郷めぐり&寺社仏閣を一人ぶらり散策をしてきた。
その後、一泊して旧仕事仲間と甲府で会う事になった。


クリックすると元のサイズで表示します
山梨市駅
自宅から甲府まで自家用車で行かないときは、特急電車を利用していたが、今回始めて鈍行電車に乗る事にして自宅を6時前に出て山梨市駅9時10分頃着いた。


クリックすると元のサイズで表示します
笛吹川沿いの桃畑
菜の花桃の花色マッチして浮き浮きしてくるような農道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
農家の方はところどころで花つみをしていた。


クリックすると元のサイズで表示します
辺り一面桃畑です。


クリックすると元のサイズで表示します
桃の花拡大


クリックすると元のサイズで表示します
桃の花スポーツ公園


クリックすると元のサイズで表示します
桃の里文化館


クリックすると元のサイズで表示します
桃の里文化館脇の農道


クリックすると元のサイズで表示します
甲斐一宮浅間神社(1)
一宮浅間神社(いちのみやあさまじんじゃ)は山梨県笛吹市一宮町(旧東八代郡一宮町)にある神社。
甲斐国一宮であることから一宮浅間神社と通称され、別称は一宮さんと言われている。


クリックすると元のサイズで表示します
甲斐一宮浅間神社(2)
しだれ桜が奇麗に咲いていた。


クリックすると元のサイズで表示します
桃畑ぶらり散策中
遠くに南アルプス連山が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
慈眼寺(1)

真言宗の名刹。
武運長久の祈願所として武田家の保護を受け伽藍が整えられたが、天正10年(1582)に織田信長の兵火により焼失された。
桜の花が満開です。


クリックすると元のサイズで表示します
慈眼寺(2)
桜の花と菜の花。


クリックすると元のサイズで表示します
慈眼寺(3)楼門

慈眼寺の入口にそびえる門は2階建ての楼門で、2階部分に銅鐘を吊している。
扉の上に蟇股を並べ、牡丹・琵琶・菊・蓮の彫刻を施している。
桜の花が満開で楼門がすっかり隠れてしまっている。


クリックすると元のサイズで表示します
甲斐国分尼寺跡碑


クリックすると元のサイズで表示します
甲斐国分寺跡(1)
奈良時代に鎮護国家のため国毎に建立された国立の寺院の一つ。
聖武天皇によって天平13年(741)に全国に建てられ、南北300m、東西250mの範囲に七堂伽藍が配置されていた。
塔跡・講堂跡などの礎石が当時の建物の壮大さを伝えている。


クリックすると元のサイズで表示します
甲斐国分寺跡(2)
まだ発掘調査中で、周囲に花桃の花が咲いていて綺麗です。


クリックすると元のサイズで表示します
御坂桃源郷公園行き散策(1)
ピンクの桃の花の中に白い桃の花もあったが、桃の種類が違うのかな?

クリックすると元のサイズで表示します
御坂桃源郷公園行き散策(2)


クリックすると元のサイズで表示します
御坂桃源郷公園行き散策(3)
桜の花と菜の花。


クリックすると元のサイズで表示します
御坂桃源郷公園(1)


クリックすると元のサイズで表示します
御坂桃源郷公園(2)
この公園から眼下を見渡せば、辺り一面桃の花のピンクの絨毯が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
花鳥山一本杉ぶらり散策(1)


クリックすると元のサイズで表示します
花鳥山一本杉ぶらり散策(2)
デジカメでは良く判らないが、奥にはピンクの絨毯が敷いてあるように見え、手前が白色の桃の花が植えられているが、これも種類が違うのかな?


クリックすると元のサイズで表示します
花鳥山一本杉ぶらり散策(3)
このピンクの絨毯を観ながら歩いていると、足の疲れが忘れてしまうほどでした。


クリックすると元のサイズで表示します
花鳥山一本杉ぶらり散策(4)
ピンクの絨毯を観ながら歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
花鳥山一本杉(1)
角に大きな桜の木があるが、ここも満開です。


クリックすると元のサイズで表示します
花鳥山一本杉(2)
二本の杉が合着したもので根回り8.67mにもなる。
この巨木をぐるりと囲むように植えられたの花は見事。


クリックすると元のサイズで表示します
花鳥山一本杉(3)
ここからの見晴らしも素晴らしいです。


クリックすると元のサイズで表示します
石和駅までのぶらり散策(1)
花鳥山一本杉から石和駅までは9kmの道のりはだらだら下って行く。


クリックすると元のサイズで表示します
石和駅までのぶらり散策(2)
下まで降りると車道へ出てしまい、既に歩きすぎて友人と会う時間が無くなると言う事で、途中の街道3kmほどタクシーに乗り、笛吹川手前で降りた。
ここから笛吹川を渡り石和温泉駅まで歩くことにした。
笛吹川沿いの桜並木も満開でした。


クリックすると元のサイズで表示します
石和温泉駅までのぶらり散策(3)
15時45分頃、突き当りの石和温泉駅へ着いた。
9時過ぎに山梨市駅をスタートして、16時前まで殆ど休みなく歩いてしまった。

本日の歩行数は自宅から山梨市駅まで5,040歩(約3km)、一宮御坂桃源郷散策が42,280歩(約25.4km)で、この日は47,320歩(28.4km)も歩いたことになる。
もう足がガタガタでしたが、石和温泉駅より甲府駅まで電車で行き、ホテルへチェックインを済ませる。
17時30分に友人と会い、昔の事を思いながら一杯飲み、カラオケまでして夜遅くまで過ごし充実した一日でした。

翌日は塩山駅へ行き、武田信玄の菩提寺「恵林寺」へ行く予定。

               青葉の百姓 2009.4.9記

「恵林寺・放光寺散策090408」
http://green.ap.teacup.com/aoba3/36.html



11



2009/4/16  6:21

投稿者:青葉の百姓

ふぅさん、お早う!
一宮御坂桃源郷ぶらり散策は殆ど休みなしで歩いてしまったが、あのピンクに染まった桃林の農道を歩いていると足の疲れを忘れるほどでした。
山梨市駅から一宮御坂桃源郷まではだらだら登っていくが、予定よりもう少し足を延ばし予定になかった花鳥山一本杉までの登りがきつかった。
だがここまで来てほんとうに良かったと思っている。
斜面を見下ろしながら歩いたピンクのジュータンが最高でした。

数日経つと日本万歩クラブ主催の年に1回ある上級研修会を受講・山登りに挑戦です。
場所は山梨県西湖・河口湖北側にある「鬼が岳&十二が岳」へ登ってきます。
行けたら又アップします。 ではまた

http://home.t06.itscom.net/kazu-nx/

2009/4/16  4:52

投稿者:ふぅ

才ノヽ∋―_φ(゚▽゚*)♪
青い空に満開の桜の下で、いい旅をなさいましたね。

それにしても、健脚ですね〜
9時から4時まで、歩かれるなんて、
私ならとてもついていけません(^_^)

今後も頑張って下さいませ。



http://homepage1.nifty.com/fusako/

2009/4/10  6:07

投稿者:青葉の百姓

今回の一宮御坂桃源郷は中央高速道路の一宮御坂ICからは近いが、電車からの便は非常に悪くかなり歩きました。
5月に行く予定の芦の湖一周22kmよりも多く歩いてしまった。
夕方会う約束をしている時間に間に合わなくなるので一部タクシーを利用してしまいました。
とにかく良く歩いた。
その分、桃のピンクのジュータン、桜の満開を堪能出来たことは良かったです。

http://home.t06.itscom.net/kazu-nx/

2009/4/9  23:12

投稿者:みやちゃん

青葉さん こんばんは!
健脚青葉さんは承知していましたが・・・驚きです!28.4km?!
私の家からにすると厚木ぐらいまで歩いたのかしら???
青葉さん 人生細く長くね! あまり突っ走らないでくださいね。
私も同じ日に一宮桃源郷に行っていましたよ。
桃の花 桜と違ってあの見事さに感動して来ました!



http://sun.ap.teacup.com/kabotya/

2009/4/9  15:53

投稿者:青葉の百姓

fu-chan、こんにちは! コメント投稿有難う!
一昨日は本当に良く歩きました。
一宮御坂桃源郷は上から見るとピンクの絨毯が見えるし、農道の中を散策すると下草に菜の花が咲いていて、春爛漫と言った感じです。
疲れ切った脚に鞭打って翌日は塩山へ立ち寄り武田信玄ゆかりのお寺である恵林寺や花のお寺である放光寺まで足を延ばしました。
http://green.ap.teacup.com/aoba3/36.html
二日間、ぶらり一人旅で気兼ねなく最高の旅が出来ました。

http://home.t06.itscom.net/kazu-nx/

2009/4/9  15:42

投稿者:fu-chan

あおばさん、こんにちは。
ほとんど一日中歩かれていたのですね!
強健な足とはいえ、随分歩かれましたね!
とても驚きました。それから桜と桃のお花が素晴らしいですね!美しい写真を堪能させていただきました。
お天気に恵まれ、素晴らしい旅を満喫されましたね!お疲れ様でございました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ