第五日目午前中自由行動140615  

第五日目午前中自由行動140615


五日目の午前中はオプションでシンガポールフライヤー(大観覧車)へ行くことになっていたが、申込まず奧さんたちはホテルで休憩して、男3人でシンガポール地下鉄を利用してマリーナベイ・サンズ周辺を散策することになった。


クリックすると元のサイズで表示します
ホテルからノベナ駅へ
シンガポール クオリティーホテルから地下鉄のノべナ駅へ向かって歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄ノベナ駅ビル
地下鉄の駅がどこにあるのか判らず、たどたどしいマレー語を使い地元の人に聞いてやっとわかる。


クリックすると元のサイズで表示します
Gps Log による地下鉄の軌跡
上部に旗が二つあるが上の旗がホテル地点でその右下に旗と丸ボチのついているところが地下鉄ノベナ駅でそこまで歩く。
そこから直線で下がったところが地下鉄路線で地下鉄でマリーナベイ駅まで乗りました。
直線になっている日本の軌跡が往復の地下鉄の軌跡です。


クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄の路線図
ランプのついているところが当地下鉄の下車駅となっていて判りやすい。
二つランプのついたところは乗換可能。


クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄切符と地図


クリックすると元のサイズで表示します
マリーナベイへ向かう地下鉄車内
朝だったせいか乗客数も少ない。


クリックすると元のサイズで表示します
マリーナベイ駅
地下鉄を下車して地上へ登っていくとマリーナベイ駅に出る。
辺りは出来たばかりの駅で周囲は原っぱです。


クリックすると元のサイズで表示します
マリーナベイ駅からマリーナベイサンズへ
Gps Log による周辺を歩いた軌跡
下端の駅がマリーナベイ駅で斜め右上部分を歩き、マリーナベイサンズへ


クリックすると元のサイズで表示します
工事中のビル群
シンガポールは建設ラッシュの真っ盛り。
日本の淡路島とほぼ同じ大きさのところへ集中的に集まり東南アジアでは有数の国際都市になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
マリーナベイ・サンズ
シンガポールのマリーナ・ベイに面した総合リゾートホテルである。


クリックすると元のサイズで表示します
マリーナベイ・サンズ側からマーライオンのある対岸
カメラでは映らないが肉眼では見える。


クリックすると元のサイズで表示します
マーライオン像
望遠で撮ってやっと確認しました。


クリックすると元のサイズで表示します
高層ビル群


クリックすると元のサイズで表示します
マリーナベイ・サンズショッピングモール
低層部のアーケードの上を見上げるとマリーナベイ・サンズの建物が透けて見える。


クリックすると元のサイズで表示します
アート・サイエンス・ミュージアム
11年2月にオープンした蓮のデザインが斬新なミュージアム。
マリーナ・ベイ・サンズでひときわ目立つ建築物!


クリックすると元のサイズで表示します
エスプラネード・シアター・オン・ザ・ベイ
巨大な2つのドームが特徴的な建造物のホール。
ドリアンの愛称で親しまれ、コンサートや演劇などが行われています。
ホールの他にもショップやレストランも充実している。


クリックすると元のサイズで表示します
ルイ・ヴィトン アイランド
マリーナ・ベイを囲む遊歩道沿いのウォーターフロントに位置し、湾の名高い景色のなかでも、一目置かれるランドマークとして早くも話題になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
蓮の花
アート・サイエンス・ミュージアムの周りの池には何種類かのハスの花が咲いていました。


クリックすると元のサイズで表示します
マリーナベイサンズ
タワー1、2、3と3つの高層ビル(最高部で高さ200m、57階建て)を屋上で連結した構造になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
シンガポール・フライヤー
シンガポールのマリーナエリアにあるアジア最大の観覧車。
2008年3月1日に開業した。
シンガポール・フライヤー高さ165m
因みに横浜のシンボルとしての顔を持つ大観覧車「コスモクロック21」高さ112.5mだそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
マリーナベイサンズ低層部にある商店街
朝なので静かだが、午後にツアーで再度訪れることになっているが、この室内運河には夜はお客様を載せる船が行き来きしていました。


クリックすると元のサイズで表示します
ホテルへ戻る地下鉄車内

帰りは多少人が多くなっているものの、ガラ空きのようなものです。
日本の地下鉄から見るとゆったりしていて乗り心地も良かった。
ホテルには11時前には無事着きました。
やはり男同士の自由行動は行動範囲も多くとれて気楽に歩けるので良いですね。
ツアーは午後からシンガポール市内観光になっている。


第五・六日目(2014.6.15〜16)は午後バスにてシンガポール市内観光〜成田空港へ
http://green.ap.teacup.com/aoba_aoba/106.html

青葉の百姓 2014.6.24記


ネット仲間からのコメントです。
--------------------------------------------------------
プー太郎さん
2014年06月24日 09時47分
シンガポールというと、横浜市を少し大きくしたくらいの規模の国だと思っています。
人口は、シンガポールが540万人、横浜市が371万人。
広さは、シンガポールが 716km2, 横浜市が 438km2
横浜に隣接する、川崎市、鎌倉市、横須賀市、藤沢市などを合わせると、シンガポール位の規模になるのでしょうか?

青百
2014年06月24日 11時33分
ガイドさんは淡路島の面積よりちょっと大きくしたようなものだと言っていましたが・・・。
横浜に隣接する、川崎市、鎌倉市、横須賀市、藤沢市を入れたらシンガポールより大きいのではないですか?
シンガポールは中国系の人が多く、とにかくいろんな人種が集まっている国です。



mocoさん
2014年06月24日 16時24分
マーライオン、ちゃんと水が出ていますね^^

青百
2014年06月24日 16時50分
午前中自由散策の時はマリーナベイサンズ側に居たのでマーライオンは望遠で確認しましたが、午後はツアーでマーライオン公園へ行き近くで見てきました。
水は親マーライオンしか出ていなかったが、子供のマーライオンまでいるとは知らなかった。



けーさん
2014年06月24日 20時07分
我が孫は 2歳にしてシンガポール旅行へ・・・・・
何を聞いても 「マーライオン」 「マーライオンいっぱいいたよ」でした。
ツアーのお仲間さん 半分は 青百さんのグループだったんですね
いい旅でしたね ♪

青百
2014年06月24日 20時55分
そうそうツアーの約半分が青百の仲間達でした。
けーさんのお孫さんはシンガポール旅行から帰ると「マーライオン」「マーライオンいっぱいいたよ」・・・でしたか?(笑い)
青百はマーライオンの後ろにマーライオンの子供が居るのも知らなかった。
この機会に国の守り神として祭っているマーライオンがシンガポールに何頭いるのか調べました。
島内に5頭も生息している事が判りました。
1頭目2頭目は有名なマーライオンパークの親子マーライオン。
3頭目はセントーサ島の大きなマーライオン!高さ37m.。
4頭目はハーバーフロント駅の近くにあるマウントフィーバーの山頂にいる小さなマーライオン。
最後の5頭目は、観光スポットとは全く関係のないシンガポール観光庁の敷地内にいる。
このライオンは野生のマーライオンのように噛みつきそうなライオンだそうです。


青葉の百姓 2014.6.24追記


--------------------------------------------------------
I・Yさんが
Facebookに「いいね!」と言っています。

青百、
マリーナエリアにあるアジア最大の観覧車は高さ165m、
設計は黒川紀章建築都市設計事務所がデザインを、現地シンガポールのDP Architectsが内装や構造等を担当して、乗客カプセルは28個あり、三菱重工が製作したらしいね。


青葉の百姓 2014.6.27追記




7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ