マレーシア・シンガポール6日間の旅(最終日)   

マレーシア・シンガポール6日間の旅もあっという間に最終日を迎える。
第五・六日目(2014.6.15〜16)は午後から半日バスに乗りシンガポール市内観光となった。

【シンガポール市内観光】
ホテル→バスにて市内へ→飲茶の昼食→ラッフルズ卿上陸地点→マーライオン公園→スリ・マリアマン寺院→マリーナベイサンズ・ショッピングモールにて自由散策→オーチャードロードの自由散策→夕食シンガポール名物チキンライス→リバークルーズ乗船→夜景観賞→シンガポール空港→成田国際空港→帰宅


クリックすると元のサイズで表示します
飲茶の店


クリックすると元のサイズで表示します
飲茶料理


クリックすると元のサイズで表示します
シンガポール旧最高裁判所
イギリス植民地時代の面影を残す代表的な建築物。
建物は1939年に建てられた。


クリックすると元のサイズで表示します
シンガポールの中心


クリックすると元のサイズで表示します
ラッフルズ上陸地点
シンガポールをイギリス植民地として開発したスタンフォード ・ ラッフルズ卿が初めてシンガポールに上陸した記念の地。


クリックすると元のサイズで表示します
通路には当時の姿を銅像にしている。


クリックすると元のサイズで表示します
マーライオン公園(1)
手前にあるのがマーライオンの子供。
奥の湾に居るのが噴水の出る親マーライオン。


クリックすると元のサイズで表示します
マーライオン公園(2)


クリックすると元のサイズで表示します
スリ・マリアマン寺院(1)
1827年に建立された、シンガポールで最も古いヒンドゥー寺院の一つ。
1930年代に建てられたと言われる、艶めかしい色彩の、ヒンドゥー教の神様たちをコテコテに飾り付けた入口付近の塔門(ゴープラム)が特徴的。


クリックすると元のサイズで表示します
スリ・マリアマン寺院(2)
脇の道を歩くと塀の上に白牛の像が・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
チャイナタウン
道路に張り出している食堂。
アーケードになっているので時折降るスコールには関係なく食事が出来ます。


クリックすると元のサイズで表示します
シンガポール仏歯寺(ぶっしじ)
瓦屋根を葺いた堂々たるこのお寺は、唐王朝時代の建築様式。
ミャンマーの寺院で発見された、仏陀の歯を納めるために建てられた。
2007年5月に完成。


クリックすると元のサイズで表示します
シンガポール仏歯寺(ぶっしじ)内部(1)
正面側入り口へ入ると突当りに仏像が立っている。
バックの壁絵は絹の刺繍で出来ていて眩いほどの美しさがありました。


クリックすると元のサイズで表示します
シンガポール仏歯寺(ぶっしじ)内部(2)
その脇を通ると裏側にも仏像があり、裏の出口から外へ出た。


クリックすると元のサイズで表示します
シンガポール名物チキンライスの店


クリックすると元のサイズで表示します
チキンライス
皮つきの鶏肉は美味しかった。


クルーズで遊覧
ラッフルズ上陸地点辺りから乗船し、川を下り湾内を周りマリーナベイサンズで下船。

クリックすると元のサイズで表示します
Gps Log によるリバークルーズの軌跡
紫色の軌跡がクルーズで遊覧したところ。


クリックすると元のサイズで表示します
リバークルーズ(1)
川辺に並んでいる旧建物


クリックすると元のサイズで表示します
リバークルーズ(2)
林立している新高層建築群


クリックすると元のサイズで表示します
リバークルーズ(3)
マーライオン


クリックすると元のサイズで表示します
リバークルーズ(4)
マリーナベイサンズ


クリックすると元のサイズで表示します
リバークルーズ(5)
アート・サイエンス・ミュージアム&ルイ・ヴィトン アイランド


クリックすると元のサイズで表示します
リバークルーズ(6)
マリーナベイサンズとアート・サイエンス・ミュージアム

★マリーナベイサンズ側に着き、ここでツアーメニューにないオプションをバス内で現地案内人に提案され、マリーナベイサンズ最上部展望台へ行く方と行かない方とに別れる。


クリックすると元のサイズで表示します
リバークルーズ(7)
夜のライトアップされたシンガポールの夜景


クリックすると元のサイズで表示します
マリーナベイサンズ室内運河
行かない方は約2時間、店内を見たり、ベイサンズ内にカジノがあるので中へ入ろうとしたら、カメラ持参のお客は入場禁止と言われ断念しました。
結局マリーナベイサンズ店内をブラブラと歩き、時間を持て余しコーヒー店でお茶を飲んだりしていた。


クリックすると元のサイズで表示します
成田へ向かう機内朝食

あっという間の6日間の旅でしたが、暑かったがそれなりに収穫もありました。
次回は何処へ行くか機会があればどこへでも行こうと思っている。


★マレーシア・シンガポール6日間の旅を終えて思ったこと。

1.マレーシアの事
世界遺産のあるペナン島ジョージタウン、歴史の街マラッカ、首都のクアラルンプールとそれぞれ特色のある街並みが素晴らしかった。
赤道にほど近いのんびりとした熱帯雨林で暑さを我慢すれば物価は安く、仕事を離れた永住地として人気があるのも判りました。

2.シンガポールの事

まず物価が高いのに驚くし、特に酒類に関してはべらぼうに高い。
市内は罰金制度がきつく、唾を吐いても罰金だと言われ、たばこの吸い殻、ごみが落ちているのが見当たらないほど綺麗です。
シンガポールは多民族で構成されている。
4つの主要な民族である中国系(74.2%)、マレー系(13.4%)、インド系(9.2%)、及びユーラシア系(3.2%)で占めていて、公用語は英語、中国語、マレー語、タミル語だという事。

3.ツアーで残念だった事。
最終日にツアーではリバークルーズで船内から夜景を見る事になっていたが、地元の案内人より特別オプションでマリーナベイサンズの展望台へ行かないかと打診された。
行く方が多く居てツアーメニューにない早めのクルーズになり船からの夜景が見れなかった事です。

展望台参加組と自由行動組に分かれたが、我らが友人の一組は展望台へ、もう一組の友人は私に合わせて自由行動組となったが、連れ合いが居るので外でぶらりも出来ずつまらない貴重な2時間を費やしてしまった。
個人的には船の夜景を見れないなら夜のシンガポールの街をぶらり歩きたかった。
一緒に付き合った仲間には本当に悪いことをしてしまったと反省している。

★次回は仲間達と連絡を取り合い、この海外ツアーの反省会を兼ねて秋に箱根の温泉でも浸かってゆっくりしたいと思っている。

青葉の百姓 2014.6.25記


------------------------------------------------------
けーさん
2014年06月24日 20時07分
我が孫は 2歳にしてシンガポール旅行へ・・・・・
何を聞いても 「マーライオン」 「マーライオンいっぱいいたよ」でした。
ツアーのお仲間さん 半分は 青百さんのグループだったんですね
いい旅でしたね ♪

青百
2014年06月24日 20時55分
そうそうツアーの約半分が青百の仲間達でした。
けーさんのお孫さんはシンガポール旅行から帰ると「マーライオン」「マーライオンいっぱいいたよ」・・・でしたか?(笑い)
お土産売り場のマーライオンをみたのかなあ〜〜。

青百はマーライオンの後ろにマーライオンの子供が居るのも知らなかった。
この機会に国の守り神として祭っているマーライオンがシンガポールに何頭いるのか調べました。
島内に5頭も生息している事が判りました。
1頭目2頭目は有名なマーライオンパークの親子マーライオン。
3頭目はセントーサ島の大きなマーライオン! 高さ37m。
4頭目はハーバーフロント駅の近くにあるマウントフィーバーの山頂にいる小さなマーライオン。
最後の5頭目は、観光スポットとは全く関係のないシンガポール観光庁の敷地内にいる。
このライオンは野生のマーライオンのように噛みつきそうなライオンだそうです。



けーさん
2014年06月25日 20時29分
マレーシア・シンガポールの旅日記楽しませて頂きました。
予定変更で最後の貴重な2時間 それぞれの 自由時間にしても良かったですね。 
奥さまとも別行動で・・・・・集合時間と集合場所を決めておいて・・・・・
海外での携帯ってどうすればいいのでしょうかね
行きたいなぁ〜

青百
2014年06月25日 20時48分
今考えるとそれぞれの自由時間にするのではなくて、家内と友人の奥さんはマリーナベイサンズ最上部展望台組に行ってもらい、二人でシンガポールの夜のぶらり散策をしたかった。
海外での携帯は携帯電話通信業者によって申込の必要性、使用方法が異なるので、行く前に聞いてください。
お互いが携帯につながれば便利ですね。



Fu-chanさん
2014年06月26日 10時46分
おはようございます。
マレーシア・シンガポールの旅6日間、最後まで見せていただきました。
随分近代的な街に驚いたり、東南アジア独特の食べ物など楽しませていただきました。

青百
2014年06月26日 11時30分
マレーシア・シンガポールの旅6日間のBlogを見ていただき有難う。
東南アジアは今発展途上の国々です。
シンガポールは小さい面積でほぼ出来上がってしまった感がありますが、マレーシアは国の面積も大きくまだまだ発展するでしょうね。
個人的にはマレーシアの方が遙かに好きです。


青葉の百姓 2014.6.25追記


-------------------------------------------------------
H・Aさんが
Facebookに「いいね!」と言っています。

青百、
マレーシア・シンガポール6日間の旅もあっという間に終わりましたが、個人的にはシンガポールよりもマレーシアへ再度行って見たいなと思いました。


青葉の百姓 2014.6.27追記




8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ