東松山〜吉見百穴〜11番安楽寺、八丁池宿まで180315  

東松山〜吉見百穴〜11番安楽寺、八丁池宿まで

2018.3.15
9番慈光寺の巡拝をしたあと、次の11番安楽寺へ行く途中に吉見百穴があり立ち寄って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
吉見百穴(1)
入口
古墳時代後期(6世紀-7世紀頃) の横穴墓群の遺跡で、1923年3月7日に国の史跡に指定されている。


クリックすると元のサイズで表示します
入場券
大人300円


クリックすると元のサイズで表示します
吉見百穴(2)
凝灰岩の岩山の斜面に多数の穴が空いていることから、一見異様な印象を受ける遺跡です。
穴の数は219個と言われ、このような遺跡としては日本一の規模を誇ります。


クリックすると元のサイズで表示します
吉見百穴(3)
穴の入り口は直径1メートル程度だが、覗いてみると内部はもう少し広くなっている。


クリックすると元のサイズで表示します
吉見百穴(4)
吉見百穴最上部から東松山の街並み
左側の山が松山城址


クリックすると元のサイズで表示します
吉見百穴(5)
ヒカリゴケ
岩山の下方には、ヒカリゴケが自生している穴があります。


クリックすると元のサイズで表示します
吉見百穴(6)
関東平野におけるヒカリゴケの自生地は非常に貴重であり、「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」として国の天然記念物に指定されています。
夜中でないと光っているのかよくわかりません。


クリックすると元のサイズで表示します
地下軍需工場跡(1)
太平洋戦争中、この岩山の地下に中島飛行機の地下軍需工場を建設するため、岩山の最下部に大きなトンネル(直径3メートルほど)が碁盤の目状に掘られ、その出入口として吉見百穴には3ヶ所の坑口が掘り出されました。


クリックすると元のサイズで表示します
地下軍需工場跡(2)
軍用トンネルの内壁は、ほぼ素掘りのままです。
涼風が吹き出し寒いくらいだが、夏は快適ではないかな?


クリックすると元のサイズで表示します
吉見百穴(7)
帰りがけにもう一枚パチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
安楽寺へ行く山道
吉見百穴から安楽寺へ行くにはどう行くのか館員に聞くと吉見百穴の裏山を歩くと良いと聞き裏山の小道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
こぶしの花
山道を抜け民家の道路へ出るとこぶしの花が咲いている。
もうすっかり春到来だね。


クリックすると元のサイズで表示します
岩室山龍性院
真言宗智山派のお寺
埼玉県比企郡吉見町にあり400年以上の歴史を有する寺院です。


クリックすると元のサイズで表示します
八坂神社
突き当りの角に八坂神社があったが、時間の関係上、パスして右側へ曲がる。


クリックすると元のサイズで表示します
11番岩殿山安楽寺山門
やっと目的地の安楽寺にたどり着いた。
もう時間も遅く明日に変更し素通りして突き当りを右折しこの日に宿泊する八丁湖脇にある宿、フレンドシップ・ハイツよしみへ。


クリックすると元のサイズで表示します
八丁湖脇を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
八丁湖


クリックすると元のサイズで表示します
フレンドシップ・ハイツよしみ
夕食
巡拝途中の宿は寝るだけで良いのだが、なかなか見つからずがやっと予約したが夕食もまあまあでした。
値段も安かったせいか部屋にトイレがついていなく廊下にあり面倒でしたが、浴室は大浴場があり一日の疲れをとる。

この日に歩いた歩数: 42.300歩(約27.5km)
この日は歩きすぎてよく眠れなかった。
明日は行けなかった11番安楽寺へ早朝参拝する。

青葉の百姓 2018.3.18記


ネット仲間からのコメントです。
---------------------------------------------------
うみさん
2018年03月18日 07:15
<古墳時代後期の横穴墓群の遺跡
これ程 しっかり 形をお止めていることに
驚きました。
大勢の人が この辺りに住んでいたのですね!

青百
2018年03月18日 08:14
うみさん、お早う。
この辺りは川もあり、沼や池も多いところで人の住みやすい所だったのでしょう。
近くの岩山は凝灰岩で横穴墓を掘るにはもってこいのところだったのかな?
その数には驚きました。



プー太郎さん
2018年03月18日 09:52
遠出されましたね。
関東の霊場巡りの一環でしょうから、お仲間と一緒ではなく、単独行だったのですかね?

青百
2018年03月18日 16:33
プー太郎さん、
関東の霊場巡りで遠いところはバスツアーに委ね、なるべく単独行で自由気ままに行こうと思っている。
1年間で何んとか結願が叶うよう頑張ります。


青葉の百姓 2018.3.18追記


----------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2018年04月08日 08:24
写真みまして、これは何だろう???と、思いましたね。
昔の墓だと、草木に覆われてると思われますのに、このように裸???
岩ですか?
初めてみました。

青百
2018年04月08日 09:27
さぬきふじ・2さん、
このお墓は覗いてみたが奥行きも2〜3mしかないです。
この山は昔隆起した砂岩だが、多分雑草は取り除くように管理がなされているのではないかと思います。
それにしても集団で数多くのお墓を作ったものかと感心します。


青葉の百姓 2018.4.8追記




1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ