第4回坂東33観音霊場巡り1日目(栃木県)180510  

第4回坂東33観音霊場巡り1日目(栃木県)

2018.5.10〜11
(2日間で3寺巡礼)
埼玉県・茨城県にある3つ観音霊場を2日間かけて巡拝して来ました。

1日目のルート
自宅から新幹線で宇都宮駅→19番大谷寺→宇都宮駅から小山駅(乗換)〜下館(乗換)〜益子駅→20番西明寺→益子時計(泊)へ



クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡
右側が宇都宮駅で左上が大谷資料館及び奇岩群
宇都宮駅から立岩入口バス停及びその奥まで散策して約9km


クリックすると元のサイズで表示します
立岩入口バス停付近の奇岩
ここから大谷資料館、大谷景観公園、大谷観音、19番大谷寺へと歩く。
復路は宇都宮駅までぶらり歩きをする。


クリックすると元のサイズで表示します
大谷資料館
栃木県宇都宮市大谷町909にある大谷石採石場跡に関する博物館。


クリックすると元のサイズで表示します
未知なる空間(1)
最初の階段を降りると巨大地下空間の光景が広がり異様な感じです。


クリックすると元のサイズで表示します
未知なる空間(2)
ブルーライトに照らされたモニュメント


クリックすると元のサイズで表示します
未知なる空間(3)
綺麗にのこぎり切を入れた岩場の跡
このように砕石するのかと感心します。


クリックすると元のサイズで表示します
未知なる空間(4)
深さ30m、広さ2万uにも及ぶ大谷石の地下採掘場跡。
映画やドラマなどの様々な映像作品の撮影が行われた場所を見ることができます。
この地下の空間まで採掘場だったため観光バスで団体客が入って来ていました。


クリックすると元のサイズで表示します
大谷の奇岩群


クリックすると元のサイズで表示します
坂東三十三箇所第19番札所天開山大谷寺(1)
山門
大谷石凝灰岩層の洞穴内に堂宇を配する日本屈指の洞窟寺院である。


クリックすると元のサイズで表示します
坂東三十三箇所第19番札所天開山大谷寺(2)
本堂入り口


クリックすると元のサイズで表示します
坂東三十三箇所第19番札所天開山大谷寺(3)
本堂
すっぽりと洞窟に覆われているとても珍しい寺院です。
本尊「大谷観音」は4メートルの岩彫りの千手観音で、日本最古の石崖仏として知られている。
撮影禁止。


クリックすると元のサイズで表示します
坂東三十三箇所第19番札所天開山大谷寺(4)
堂内には10体の磨崖仏があります。
全て国の特別史跡となっており、縄文時代の住居に刻まれた磨崖仏には本当に驚きです。


クリックすると元のサイズで表示します
坂東三十三箇所第19番札所天開山大谷寺(5)
宝物館
更に驚いたことは約11,000年前の縄文最古の人骨です。

昭和40年4月防災工事中にお堂の下から出土した。
身長約154cm、年令20歳位の男性と考えられていて小さく丸めるように、ちょうど母親の胎内にいるように埋葬されていました。
写真撮影は禁止されていて撮れなかったが、びっくりです。


クリックすると元のサイズで表示します
坂東三十三箇所第19番札所天開山大谷寺(6)
池のほとりの白蛇
セメントにペンキを塗った様な少し大きな白蛇が居る。
触ると御利益があるそうだが、気持ちが悪く近くへ行かなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
坂東三十三箇所第19番札所天開山大谷寺(7)
高さ27メートルの「平和観音


クリックすると元のサイズで表示します
坂東三十三箇所第19番札所天開山大谷寺(9)
親子かえる
大谷公園の中央には、かえるの後ろ姿に見える「親子がえる」と呼ばれる石があります。
その昔、大谷で蜂の大群が住民を襲ったときに「親子がえる」が現れて、蜂と闘い村を守ったことに感謝し、地守神様として子孫に伝えたと記されている。


クリックすると元のサイズで表示します
坂東三十三箇所第19番札所天開山大谷寺(10)
天狗の投石(とうせき)
天狗が投げて乗せたという伝説が残る石。
まるで本当に怪力に天狗が置いたように、絶妙なバランスで崖の上に乗る不思議な石は、現在落下防止のため補強されている。


クリックすると元のサイズで表示します
栃木作新学院高等学校
大谷寺から宇都宮駅までぶらり歩きした途中に、昔巨人軍に行った江川投手が居た高校がありました。
かなり大きな高校です。


クリックすると元のサイズで表示します
宇都宮二荒山神社
鳥居
宇都宮駅からJR宇都宮線上野行きに乗り、小山でJR水戸線友部行きに乗り換えて下館まで行く。
更に一両電車の真岡鉄道茂木行きに乗り変え益子まで行く。


クリックすると元のサイズで表示します
真岡駅のSL
運転日は基本的に、土日・祝日に運行しているそうです。
(年末年始を除く)


クリックすると元のサイズで表示します
真岡駅 駅舎


クリックすると元のサイズで表示します
車窓より
真岡鉄道の一両電車に乗り益子まで行く


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡(青色)
笠間駅から20番西明寺→益子陶器街→泊まった宿「益子時計」


クリックすると元のサイズで表示します
益子鹿島神社
益子駅で下車し、次の20番西明寺へ向かって歩くと左側にある。


クリックすると元のサイズで表示します
一人ぶらり歩き


クリックすると元のサイズで表示します
20番独鈷山西明寺(1)
クスノキ


クリックすると元のサイズで表示します
20番独鈷山西明寺(2)
参道
栃木県芳賀郡益子町にある真言宗豊山派の寺院である。
本尊は十一面観音です。


クリックすると元のサイズで表示します
20番独鈷山西明寺(3)
入母屋造茅葺きの楼門(重文)
明応元年(1492年)の建立。


クリックすると元のサイズで表示します
20番独鈷山西明寺(4)
本堂
天平年間(729年〜749年)行基の開山、紀有麻呂の開基によって創建されたと伝えられる。
本堂内厨子は本堂より古い室町時代の作(重文)。


クリックすると元のサイズで表示します
20番独鈷山西明寺(5)
閻魔堂
寄棟造り、茅葺きで正面三間に蔀戸をつけた簡素な建造物。
堂内には閻魔大王、善童子、悪童子、奪衣婆、地蔵尊の五体の仏像が並んでいる。


クリックすると元のサイズで表示します
20番独鈷山西明寺(6)
鐘楼堂
桁行二間梁間二間、楼造り、宝形造り茅葺きで、一階は角柱、二階は円柱。
梵鐘は古い型の鐘楼で、寛文11年(1671)鋳造。


クリックすると元のサイズで表示します
20番独鈷山西明寺(7)
本堂から見下ろした境内


クリックすると元のサイズで表示します
20番独鈷山西明寺(8)
コウヤマキ


クリックすると元のサイズで表示します
20番独鈷山西明寺(9)
三重塔(国指定重要文化財)
和様、折衷様、唐様の三様式。
三間三重塔婆、目板打の板屋根銅板葺きです。


クリックすると元のサイズで表示します
益子城内坂通り(1)
20番西明寺の参拝した後、益子まで戻り夕食場所を探していた。
本通りに出ても食堂がほとんどなくウロウロしていると後ろから軽自動車に乗っていたおばさんが窓を開けて益子は夕方になると閉まってしまうよ・・・と言ってくれた。
夕飯が食べずじまいになるかと心配したが、幸運にも手打ちそば屋が開いていて店へ入った。
ビールを飲みながら天ぷらそばにありつけてホッとする。


クリックすると元のサイズで表示します
益子城内坂通り(2)
益子焼窯元共販センター
ここで焼き物を見ようと思ったが、店は早く閉まってしまうらしい。
止むを得ず今晩泊まる宿へと向かう。


クリックすると元のサイズで表示します
里山さんぽみち
本通りからY型に右折すると里山さんぽみちがあり、しばらく歩くと宿泊先の益子時計へ着く。


クリックすると元のサイズで表示します
益子時計(日々舎)
朝食付きのみのカフェーへ泊まるようなプチホテルだったが、霊場巡りの中継地点の宿泊地としてはまあまあでした。
今日はかなり歩いたので、ふくらはぎがポッポして熱かった。

歩いた歩数: 38,650歩(約25.1km)


明日は23番笠間正福寺へ。
http://green.ap.teacup.com/aoba_aoba/165.html

青葉の百姓 2018.5.12記


ネット仲間からのコメントです。
---------------------------------------------------
ふうちゃんさん
2018年05月12日 23:08
栃木の大谷観音にいらしたのですね。
ご一報いただければ・・・(*^_^*)
我が家から30分のところです。
昨年、しばらくぶりに訪れましたら、周囲が綺麗に整備されていたのでビックリでした^^
益子は春の陶器市も終わり、静かでしたか。

青百
2018年05月13日 06:18
お早う! コメントありがとう。
ふうちゃんさんは大谷観音から30分のところに住んで居たとはびっくりです。
その日は小雨が降っていたが、立岩入口バス停の奥で下車し間違って更に紅葉橋の方まで一人ぶらり歩きして来て引き返して来ました。
大谷観音やその周辺の巨岩群も素晴らしかった。
また大谷資料館の地下へ入るとひんやりとして神殿のような異様な空間も凄い。
何といっても19番大谷寺は坂東33ヶ所霊場にふさわしい霊場でした。
今年の目標は坂東33ヶ所霊場を全て結願することです。
どうぞよろしく。



プー太郎さん
2018年05月13日 09:18
2日に分けて行かれたのですね。身体能力もすごいが、精神的にも強いようです。

青百
2018年05月13日 10:16
プー太郎さん、
2日に分けて栃木県の2霊場、茨城県の1霊場を巡拝して来ました。
身体能力もすごいが、精神的にも強いようです。←有難うございます。
何としても今年中に坂東33ヶ所霊場を廻って来ようという思いなのですかね?
気になる脚の痛みもほとんど解消しました。
15日は元居た会社のOB懇親会に招かれて新宿京王プラザホテルへ着忘れた背広・ネクタイ姿で行って来ます。
そのあと夕方から地元の仲間達の一杯飲み会があります。
重なる時は重なりますね!



ゆうまさん
2018年05月13日 10:53
素晴らしい霊場巡りがあるのですね。
私は益子は良く行きます。
他は大谷観音しか行った事がありません。
沢山歩いて健康的ですね(^O^)/

青百
2018年05月13日 14:04
ゆうまさん、
坂東33ヶ所霊場は何処も歴史ある素晴らしいところが多いです。
大谷の地下空間や19番大谷寺も良いですよ。
益子にある20番西明寺はもう少しゆっくりして行きたいほど気に入ったお寺でした。


青葉の百姓 2018.5.13追記


--------------------------------------------------
けーさん
2018年05月16日 17:19
昨年の今時
日光東照宮、今市泊 大谷観音・大谷資料館
宇都宮・鹿沼と行ってきました。
残念ながら 霊場巡りではありませんがね
家にも同じような写真がありますよ
今年3月にスリランカに行ってきたのですが
スリランカの壁画より大谷観音とその周辺の彫り物のほうが
凄いと思いました。

青百
2018年05月16日 19:02
けーさんは昨年の今頃、栃木県旅行へ行って来ましたか?
大谷は良いところですね。
スリランカは行ったことはないですが、確かに大谷資料館、大谷観音と大谷寺の壁画も素晴らしかった。
私も霊場巡りだけではなく良いところがあれば立ち寄って来ます。


青葉の百姓 2018.5.16追記






2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ