京王百草園060418  

京王百草園

江戸時代の亨保年間(1716年〜)、小田原城主大久保候の室、寿昌院殿慈覚元長尼が徳川家康の長男・岡崎三郎信康追悼のために松連寺を再建し、それに伴ってつくられた庭園が百草園と記されている。
ここは2月〜3月に咲く800本の梅は見事で梅の名所として知られており、是非梅見の時期に来て見たいものです。


クリックすると元のサイズで表示します
京王百草園案内板


クリックすると元のサイズで表示します
京王百草園入り口を入ると、すぐ右に受付があり、入場料300円を払い園内へ入るとかなり急な石段をいっきに上がると大きな梅ノ木(寿昌梅)と松連庵(しょうれんあん)があるところへ着く。
両サイドはかなり整備された庭木があり、景観が美しく、季節折々の花が咲くように造られている。


クリックすると元のサイズで表示します
大きな梅ノ木(寿昌梅)と松連庵(しょうれんあん)


クリックすると元のサイズで表示します
松連庵から外を写す(1)
松連庵の中へ入り喉が渇いたのでビールを頼むとビンビールはなく、缶ビールしかない。
缶ビール500mlが500円でちょっと高いような気がするが飲むことにする。
暫くすると店の人が百草園の山で採れた取立ての竹の子の煮物を内緒で出してくれたがこれがまた美味しかった。 


クリックすると元のサイズで表示します
松連庵から外を写す(2)
昼食に山菜そばを頼んで食べたが、松連庵の中からの眺めは最高です。


クリックすると元のサイズで表示します
松連庵から外を写す(3)
遠くに茶屋が1軒あり、ここでも縁台で休憩が出来ます。


クリックすると元のサイズで表示します
しだれ桜



クリックすると元のサイズで表示します
松連庵


クリックすると元のサイズで表示します
ヤマブキソウ


クリックすると元のサイズで表示します
黄色いかたくりの花(ヨウシュカタクリ:パコダ)


クリックすると元のサイズで表示します
展望台から百草園駅の方が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
百草八幡宮


クリックすると元のサイズで表示します
百草園園内散策路


クリックすると元のサイズで表示します
ソメイヨシノ桜はもうほとんど散っていたが、枝を切った跡に元気に桜の花が咲いていた。


クリックすると元のサイズで表示します
芭蕉天神


0



2022/1/16  16:02

投稿者:仲嶺亜也菜


2022/1/16  15:59

投稿者:京王百草園


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ