2006/6/21

ロマンの泉美術館  美術館ギャラリー

ロマンの泉美術館は、いつ行っても女の子
(オバサン)を幸せ気分にさせてくれる所です
最近合併したので、同じ市内ですが、車でも
1時間くらいかかります
だから、そう簡単には行けないですね・・・

薔薇族という雑誌は、昨年廃刊したそうですが
そのオーナーさんが、妻の出身地に建てました
西洋アンティークの家具や照明、ステンドグラス
等を、独特の審美眼で集めています
時々コレクションの展示の入れ替えが、あります

薔薇の小物のおみやげコーナー、ついつい
寄り道しています
今回時間がなくて、レストランの立ち寄りが
主になりました

 バイロスは画家でしょうか?
 クリックすると元のサイズで表示します

 ランチは数種類から選べます
 クリックすると元のサイズで表示します

 ショップのカップはどれも薔薇ですが、
 なぜかWWのストロベリーです 苺はバラ科?
 クリックすると元のサイズで表示します

 ショーケースには手に取ってみたいアンティークの
 カップなど展示しています
 クリックすると元のサイズで表示します

そして、今年も行きました
経営者が譲渡されたのかな?
微妙におみやげコーナーなど、違って感じました
今回は、お茶だけいただきました
マットは、前回のタイプです
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ