2005/11/29

東欧の旅ー33  オーストリア

☆ウィーンの休日ーシェーンブルン宮殿

まず、市内観光では、有名なシェーンブルン宮殿
に、行きました
「美しい泉」という意味の、ハブスブルク家の離宮
です
外壁は、マリア・テレジアイエローと言われる黄色。
特徴が、ありますね
部屋数は1441室あり、敷地も広いので、余裕が
あれば、もっと楽しめそうです


見えてきました
クリックすると元のサイズで表示します

シーズンオフなので、お手入れ中?
クリックすると元のサイズで表示します

まず、お城に入って見学ですが、カメラは禁止なので
こころの中に、豪華な調度は仕舞っています
クリックすると元のサイズで表示します

集合までの限られた時間です
庭園など散策したいのですが、急ぎ足で、グロリエッテが
見える裏側にやってきました・・・
クリックすると元のサイズで表示します

こういう建物は、眺望のために作られたのでしょうね?
貴族趣味って、なんて贅沢なの・・・
クリックすると元のサイズで表示します

整然と手入れされたお庭です
クリックすると元のサイズで表示します

もう少し、季節が早ければ、ウィーンのバラが
咲き乱れていたかもしれません・・・
ちょっとだけまだ、咲いていました
クリックすると元のサイズで表示します

旅の達人さんが、多いツアーでした
秋冬の観光では、ヨーロッパの焼き栗が
たいへん美味しいそうです
クリックすると元のサイズで表示します

ここで見つけて、アツアツのうちに
頂きました・・・甘栗より、ちょっと大き目かな?
2ユーロで10粒くらいでした
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ