2005/12/10

東欧の旅ー最終回  オーストリア

☆東欧の旅も最終日を迎えました
 荷物をまとめて、9時半の集合時間まで
 ホテルから歩いて、15分。
 ウィーンの名所・シュテファン寺院を
 訪ねました

 800年以上の歴史がありますが、
 大きすぎて、画像に収まらないのが
 困ります・・・
 まず、表側から
 南塔は137mの高さです
クリックすると元のサイズで表示します

 こちらが裏とも限りませんが、モザイク屋根が
 特徴です
クリックすると元のサイズで表示します

 観光名所には、馬車がお客さんを待っています
 20分で40ユーロと書いてありますクリックすると元のサイズで表示します

 シュテファン寺院から、続くケルトナー通りにも
 ゆっくり歩いてみたかったですクリックすると元のサイズで表示します

 ツアーなのに、あれもこれもと、欲張ってしまいました
 この旅行写真は、ほとんど私が写しました
 連れはビデオというオモチャがあり、そちらを
 写していました・・・
 悔しいけれど、やはり、ビデオは広がりが
 あるので、その場のイメージが、残りますね

 つたない素人写真で、そそくさとした旅の紹介でしたが
 貴重な時間、見てくださって本当にありがとうございました

 お礼に
続きを読む
0

2005/12/8

東欧の旅ー41  オーストリア

☆ウィーンのカフェめぐり
ウィーンの街歩きの一番の楽しみ、それは
カフェで美味しいトルテ(ケーキ)を戴く
ことでした・・・

うーん、美術館めぐりに時間をとられました
疲れてこの辺で休みたいと思うところには
お目当てのカフェがなくて、次の美術館など
に移っていました

1、ようやく午後に、ブルク劇場の近くの創業
 1873年のエレガントなカフェ「ラントマン」
 に、入ることが出来ました


私の頼んだトルテとメランジュ(所謂ウインナ
コーヒー)です
クリックすると元のサイズで表示します

外から見た感じ、重厚な建物の一角です
クリックすると元のサイズで表示します

看板が後になりましたが、こんな感じです
クリックすると元のサイズで表示します

向かいにある白亜のブルク劇場、覗いてみましたクリックすると元のサイズで表示します


2、夜の帳が下りてから、もうひとつ体験できました
 「ツェントラル」というかっては、芸術家の溜まり場
 だったカフェです
クリックすると元のサイズで表示します

こちらのショーケースから、選んできました
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは熱いコーヒーも、ガラス製のカップで
出てくることが多いです お冷付きも嬉しいですね
クリックすると元のサイズで表示します

高い天井と大理石の柱は宮殿のよう?
クリックすると元のサイズで表示します

照明や天井の装飾もおしゃれです
クリックすると元のサイズで表示します

当時の常連客アルテンブルクは等身大の人形となって
入り口近くでくつろいでいます 
クリックすると元のサイズで表示します

時間がなくて、入れなかったけれど
有名なザッハトルテのザッハホテルにも
行ったのですよ・・・
続きを読む
0

2005/12/6

東欧の旅ー38  オーストリア

☆ウィーン世紀末の建築めぐり
今回のウィーンは、このテーマでも街めぐりして
みたいと、思いました

19世紀末新しい芸術運動・独語ーユーゲルト
シュティール(仏語では、アールヌーヴォー)が
うねりとなって、ウィーンを圧巻したそうです

オットーワーグナーの新しい時代のメッセージ、
カールプラッツ駅です 
ホテルからは、歩いて行けました
クリックすると元のサイズで表示します

ここから、少し歩くと有名な分離派会館(セセッション)です
(黄金の玉葱坊主)とも、言われています
青空が眩しいほどに、輝いています
クリックすると元のサイズで表示します

青銅の扉はクリムトのデザインとか・・・
スローガン「時代にはその芸術を、芸術には
その自由を」と、掲げられているようです
クリックすると元のサイズで表示します

横に廻って見てみると、こちらも美しい
オリーブの装飾が、施されています
この建物の地下にクリムトの傑作ベートーベン・
フリースが、保存されています・・・素晴らしい!
クリックすると元のサイズで表示します

郵便貯金局は、シンプルに見えますが、
世紀末には、斬新な建築だったようです
オットーワグナーの傑作だそうです
屋根の上の女性像、壁にも装飾が、見えてます
クリックすると元のサイズで表示します

3時に閉まった後でして、ドアの内側には入れず
残念でした 
当時は、アルミやガラスの素材が珍しかったようです
光の降り注ぐホールは、やはり新しい感覚です
クリックすると元のサイズで表示します

予定では、マヨルカハウスや、マルツ書店など
写してきたかったのですが、時間切れでした・・・
バスから、チラッと見えたのもありました

続きを読む
0

2005/12/3

東欧の旅ー37  オーストリア

☆ウィーンの休日
ようやく最終日にして、今回の旅行で
唯一24時間の自由行動の一日でした
この日の為に、ちょっとだけプランを
考えていました
早起きして出かけるという計画は、少し
予定より遅れてしまいました

お天気も快晴で、ジャケットの軽装で
ホテルを出ました
ウィーンは、ヒルトンホテルに泊まった
のですが、低層というのがミソですね(笑)

歩いてすぐ、市民公園(シュタット・パーク)が
広がっていました
まず足慣らし?
落ち葉が、きれいでした・・・
クリックすると元のサイズで表示します

公園には、たくさんの偉人の像があります
まず、シューベルトです
クリックすると元のサイズで表示します

続いて、ブルックナー
クリックすると元のサイズで表示します

一番有名なのは、黄金に輝くヨハン・シュトラウス
逆光なので・・・見えにくいです
クリックすると元のサイズで表示します

他にも、ハンス像です
クリックすると元のサイズで表示します

これは、シュトルフ像です
クリックすると元のサイズで表示します

これは、調べて見ないと・・・
クリックすると元のサイズで表示します

街の中、至るところに見かけます
続きを読む
0

2005/11/30

東欧の旅ー35  オーストリア

☆オペラ座で本物のオペラ鑑賞の夜

「音楽の都」ウィーンの国立オペラ座に
行ってきました
このツアー、いろいろ売りはありましたが
最大の売りは、このオペラ座体験では、
なかったでしょうか?!
(オィディプス王)という演目は、かなり私たち
初心者には、難解でした・・・
まあ、最初から理解しようとか、意気込みの人も
なく、皆さん用意された4階くらいの遠方から
眺めていました
希望すれば、いいお席に変更できたのですよ
(自前料金ですが)

ツアーの皆さんも一旦ホテルに帰り、おしゃれして
から、バスに乗り込みました
普段着でも素敵なカップルが、ますます素敵な
カップルになったりして、旅の上級者さんは
皆さん、おしゃれもお上手でした・・・

まず、建物の外観ですね
クリックすると元のサイズで表示します

中の様子です
クリックすると元のサイズで表示します

中央階段付近です
クリックすると元のサイズで表示します

4階席からみた大階段、ルネッサンス様式だそうです
クリックすると元のサイズで表示します

幕間に飲み物をカウンターで頂きます
クリックすると元のサイズで表示します

壁には、音楽家の肖像がかかっています
クリックすると元のサイズで表示します

私の席から、舞台を覗いてみると・・・
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ