〜自転車と旅行とラジオと…

トラベラー〜まだ見ぬ地を踏むために〜 in 大阪国立国際美術館

2018/2/12 | 投稿者: abechan

2月11日(祝)は毎年
僕の職場が所属している医療団体の
学術運動交流集会があった

僕もこの一年間の学んできた事を
発表する機会に恵まれ
下手くそながら発表してきた

場所は国際交流会館
通称グランキューブ

帰りに最寄りの駅まで
ブラブラ天気も良かったし歩いていると
興味の湧く催し物のポスターが目に見えた

クリックすると元のサイズで表示します
トラベラー〜まだ見ぬ地を踏むために〜

と、なんとも旅好きな僕にとっては
打って付けのタイトルやんかぁ〜

場所を確認すると
大阪国立国際美術館だ

クリックすると元のサイズで表示します

大阪にも国立の美術館があるなんて
知らなかった

即入館

入場料は1200円だった
なっつ、これくらいはするかな?
と納得して購入

クリックすると元のサイズで表示します

受付前にも
立派な立て看板が

クリックすると元のサイズで表示します

結論から言うと
思ってものではなかった

日本を含むアーティスト達の
表現方法が色んな形で
展示されていた

僕にはやはりこういうアートはよくわからない
何を表現しているのか?
何を伝えたいのか?

まだまだ未熟ですね

とか思いながら
気がつけば午後5時の閉館のアナウンスが…

なんやかんや感じながら
2時間以上いた事になる

出口付近では
この展示会のことが書いてあった

〜1977年に開館した国立国際美術館は40周年を迎えた
これを記念する特別展であり、40組以上の国内外のアーティストにより
時間、歴史、記憶の中に集積されたものを多角的に切り取ることで
私たち社会の姿を浮かび上がらせるとともに、今後の美術館の可能性を探る〜



僕が思っていたのは
世界を旅する人達の写真であったり、それに使用したグッズなどの展示
そしてビデオや動画など…

あわよくばトークショーなどもあるのかな?
と、勝手に思い込んでいたのだ

まっ…

たまにはこんな当て外れでも
外に出るとなんか空気が違って感じ取られた気分になった

途中で見た中ノ島の夕日に沈む
ビル群と川の感じが何かとても良かった

クリックすると元のサイズで表示します

きれいな夕景を見ながら
晩酌への道へと歩き始めた
2月11日の夕方の僕なのでした
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ