〜自転車と旅行とラジオと…
2020/5/10 | 投稿者: abechan

まだまだ非常事態宣言が続いている
日本、そして大阪

3密と言われるものを避ければなんとか外出も可能だと思っている
スイス人は「長続きしないものは取り入れない」という言葉を最近耳にした
「なるほどなぁ〜」と素直に感じた
モラルを守って行動するが、何ヶ月も自粛生活が続く訳が無い

そんな事も合い交えながら特に休日は過ごしている

先日休みの日にもう30年来のファン歴である
我が人生の師匠・ハマショーこと「浜田省吾」さんの
ライブビデオ「ON THE ROAD'86 〜I'm a J-BOY〜」を
久しぶりに見ていた...もう34年も経ったことになる

若いし、パワフルだし、何度観ても、聞いても
色あせることのない彼の音楽は見るたびに心に響く

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アルバム「J-BOY」を提げての当時のコンサートツアー
”J”というのは「Japanese」の略
彼が作ったいわゆる「造語」だ...
今となっては「Jポップ」「Jリーグ」などいろんな形で使われてるけど
当時としてはホント、エポックメイキング的な事だったんだろう

特にアルバムタイトルチューンの「J-BOY」の歌詞では
「♪...午前4時眠れずに彼女をベッドに残しバイクにキーを差し込み
闇の中滑り込む...全てが消え去るまで風を切り突走る...
J-BOY,Show me your way...水平線昇る太陽の中突き抜けたい..♫」の歌詞は
バイクへの”カッコよさ”を生み出した言葉であると
今でも僕は思っている

暴走族のだけのバイクの例えではない
学生であろうが、社会人であろうが...生まれてきて
”何か”を追いかけている...届かないけど、走り抜ければ
”そこ”に行けそうな気がしてたんだ..

そんな事もあってビデオを見終わると
なぜか体がバイクの駐車場へと向かっていた

そして快晴の空の下お気に入りのツーリングコースを走っていた

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

川沿いの砂利道でアクセルターンなど
まだ完璧ではないけどバイクでちょっと遊んでいた

ハマショーとバイク...
これから抜け出すことは今の僕にはできないだろう
3




AutoPage最新お知らせ