〜自転車と旅行とラジオと…

紀見峠と柿の葉寿司

2009/10/18 | 投稿者: abechan

今日は天気もいいし
久しぶりにサイクリングでした
ここ2週間程乗ってなかったので
体力的にチョット心配はしてました…

大阪と和歌山(橋本市)の県境
「紀見峠」と「柿の葉寿司」を土産に買ってくる事が
本日の目的ぃ〜

クリックすると元のサイズで表示します
自宅〜河内長野〜紀見峠〜柱本⊃天見〜河内長野〜自宅

自宅を9時半過ぎに出発
まずは千代田から河内長野方面に向かう
この辺りはずっと下りなので楽チンです

河内長野から国道371号線(通称:高野街道)を
紀見峠へ向かう…峠までは断続的に上りが続く
自分のペースにあわせてゆっくり登ります

紀見峠はトンネルをくぐればあっという間に
和歌山県(橋本市)に着きますが
トンネルを利用せずに脇道から峠越えを目指す

クリックすると元のサイズで表示します
ここから紀見峠をめざします
クリックすると元のサイズで表示します
トンネルの上を走りますので下方に371号(高野街道)が見えます

チョットきつい上りになりますが
思った以上に足は動いてました…(笑)
この辺りから天気予報とは裏腹に曇ってきて…雨が降ってきました

クリックすると元のサイズで表示します
山の天気は移り代わりが激しいですね

15分前後くらいで「紀見峠」に到着
思った以上に早く着けました

クリックすると元のサイズで表示します
紀見峠…標高400m

この辺りは宿場町だったらしく
その面影が残っている心が癒される風景・町並みでした
トンネルをそのままくぐって和歌山に抜けていれば
このような町並みにはめぐり合わないですもんね
自転車の醍醐味がここにありますねぇ〜

ちょっと走ると「腰痛の神様」とありました
腰は別に悪くはありませんが「今後悪くならないように…」
と寄ってお願いしてきました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
かなり勾配のきつい坂でしたので担いで行きました

その後この辺りが「宿場町」だったことを示す
案内石碑みたいなのがあったのでここでもチョット写真を…

クリックすると元のサイズで表示します
自転車の後ろの道を下ってきたところです

南海・紀見峠駅に向かってかなりきつい下り坂を下りる
道が濡れているしかなりの下り坂でしたので押して下りました

そこから五条方面に向かって細川・境原の集落を走り
この辺りから柿やミカンの木が目に良く入るようになる

日差しも戻ってきたし気持ちのいいサイクリングが続くが
アップダウンはかなり多かったようです

途中で「不動山の巨石」という看板が目に入り
「行ってみようかな?」と看板を読んでると
ここから約2kmかなり勾配のきつい上り坂のようでしたので
あきらめました…汗

クリックすると元のサイズで表示します
次回は行ってみようと思ってます

ここで折り返してきた道に戻ります
そのまま帰宅するのはもったいないので
あちこち風景を撮りながら走っていました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
柿とミカンが綺麗かったので…

あとは今日のもう一つのメイン(大袈裟な…笑)
柿の葉寿司を買うことです
和歌山の橋本市と奈良の五條市は柿の葉寿司で有名ですが
特に有名なのが「田中の柿の葉寿司」と「ヤマトの柿の葉寿司」かな?

でも私はそこよりも今回も寄りましたが
「柿の葉寿司・おおがいと」が好きでして…
今回も寄って購入して来ました
おじさんが「お疲れさんやったねぇ〜柿も特別に入れとくわ」
と大きな柿を2つもくれましたぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大きな柿でしたわぁ〜ありがとうございます

帰りは紀見峠越えではなくて
トンネルを通りました…感想は二度と自転車では走りたくない
このトンネルは1kmチョットあり案外長いのですが
交通量はかなり多く自転車の歩道も狭い
またその歩道もあれに荒れていて幅の広い溝が何個あったかな?
自転車に全く優しくないトンネルですね

トンネルを越えると後はもう河内長野市内までは下りです
途中南海・天見駅に寄って休憩
ここはある意味秘境駅ではないかな?と思うほど寂しいところです

自転車と一緒に何枚か鉄道を撮りました
まだまだデジ一は上手くありません
もっと勉強しければいけませんね

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

家に着いたのは15時ちょっと過ぎでしたので
約6時間かかったのかな…
久しぶりに50km弱走ったのでチョット足に来てますね
でも気持ちのいいサイクリングとなりました

<本日のデーター>
◇走行距離…49.58km
◇平均速度…15.1km/h
◇最高速度…43.9km/h
◇乗車時間…3時間16分03秒
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ