〜自転車と旅行とラジオと…
2020/4/30 | 投稿者: abechan

2020年令和最初のゴールデンウィークは
新型コロナウィルス対策のため
大阪だけではなく、日本が自粛の日々

税金払って、この国のためと想って半世紀過ごしてきたが
こんなにやばい状況でもスピード感ないこの国に
めっさ厭き厭きしてます

先日...天気が朝からよくて
「これは海を見に行こう!」と
いつものように車のスタートボタンを押す前に
バイクのキーを持ってる自分がいたのです

クリックすると元のサイズで表示します

初夏を思わせる日差し..
道路はやっぱり空いてました
自宅から”海”まで気持ちの良いツーリングになった

クリックすると元のサイズで表示します

こんな時なのか
浜辺には人数は少ない
でも、思った以上にゾクゾクと集まってきた

バイクを止めて浜辺に寝転んで
好きな音楽聴きながら...

ハマショーの「僕と彼女の週末に」ではないけれど
そんな感じで過ごした

誰もが普通の生活に戻れますように!!
1

2020/4/8 | 投稿者: abechan

昨日から大阪含め
全7都府県で新型コロナウィルスによる
非常事態宣言が出された

これには国の権限はなく
あくまでも自治体に判断を任せる様な感じ
ヨーロッパ等、外出禁止令などの強制力は無い
あくまでも”自己責任”と言う形の様に思われる
店を休もうが、自分が感染しようがそれは世論の目から避けられ
個々に押し付けられる...なんだかせちがない国だなぁ〜と思う

ともあれ桜は満開に近い
しかし濃厚接触は避けたい
と言うことは、バイクで桜を見に行こう!と
先日暖かい日を選んで近場で桜ツーリングに出発

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

天気も良かったし気温もグングン上昇
初夏を思わせる陽気だった

暖かくなればボクの大好きな季節
そして大好きなそーめんの季節
年がら年中食べても全然平気なのですが
そーめんを食させてくれる店って実はあまりないもんです
夏になると海のそばの海の家では大抵ありますが
街中ではそう滅多にお目にかかれません

ただボクが時間があれば必ずよるお店には
常にそーめんを置いてくれています

「うん、こんな日はそーめんを食べよう!」と
その馴染みの店に向かう

クリックすると元のサイズで表示します
今年初そーめん...

やっぱり美味いなぁ〜

いい1日でした!!
1
タグ: 狭山池 そーめん 

2019/11/20 | 投稿者: abechan

11月の中旬、久しぶりの休みが取れたので
気温も暖かったので久しぶりに「バイクに乗ろう!」と

この時期はかつらぎ町(和歌山県)の「串柿」が見れる時期なので
紅葉狩りと兼ねてバイクを走らせました

自宅からまずは河内長野市の滝畑ダムへ
そこから”堺かつらぎ線、府道県道17号線”を
蔵王峠へと細い道なりをバイクのトルク音を響かせながら
登っていく...

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この辺りの紅葉はいい感じだった

そのご20分くらいゆっくりと登って行き
蔵王峠へ...ここは大阪と和歌山県の県境
杉林が続き、なんとも言えない空気の中で
自然と自然を感じる気持ちに...いわゆる森林浴か...

クリックすると元のサイズで表示します

和歌山県に入ると森を抜けて一気に串柿の風景が広がる
空の色と町並みと柿の色と秋の空気が混ざって
とっても素晴らしい気持ちになる..いつ見てもいい風景だ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この辺りにはいくつかの集落があり
その集落ごとにこのような串柿の風景が広がる
集落によって規模も違うそうだ...

あちらこちら見て回って
帰路につく

途中で真っ赤に咲き乱れる木を見つけ
あまりの鮮やかさに驚いた...

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
とっても鮮やかな色でした

こうやってバイクと共に素晴らしい風景を見るのって
ええなぁ〜と心の中で感じながら自宅へと
最後のアクセルを回したのでした...
1

2018/11/14 | 投稿者: abechan

先日は平日に有休を取って
久しぶりに串柿を見にセロ―ともにツーリングへ...

まずは自宅から20分程で滝畑ダムに到着

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この日の天気はちょっと曇りがち
日差しは期待できなかった

滝畑ダムの周りの紅葉はこれからという感じだった

クリックすると元のサイズで表示します

滝畑ダムを超えて、堺かつらぎ線で蔵王峠経由で
和歌山に向かおうと思ったが夏の台風の詠影響で
大阪側からは通行止めになっていた

仕方なく一度外環状線に出て
国道480号線を経由して鍋谷峠へと出る

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

鍋谷峠付近もまだ台風の影響がもろに残っていた
ここから大阪側は通行止めになっていた

鍋谷峠からは、堀越観音の方へ向かって
串柿の郷...この辺りはあちらこちらの集落に串柿があるのです

堀越観音方面に向かう林道的な道は
「東谷」という集落に干し柿がある

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じです...山間に見事な柿色があらわれて
とてもステキな光景が見れます

その後は、蔵王峠を経て滝畑ダムへと
紅葉の景色を堪能しながらセロ―を走らせる

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

滝畑ダムを中心にぐるーっと
回ってきた感じとなったツーリングだった

天気はあまり良くなかったけれど
ひさし振りにのんびりとバイクを走らせ
綺麗な空気と景色に、時間を取ることが出来たのがよかった

寒くなる前にもうちょっと足を伸ばして
短い秋をバイクで楽しもうと思う...
1

2018/9/25 | 投稿者: abechan

今か何十年も前の大学生の頃
バイク好きの後輩から
バイク(オフロード)の面白さを教わった

その後、SuzukiのSX-200
YamahaのTT250Rと購入して
キャンプツーリングなどを楽しんでいたあの頃
毎月購入してたバイク雑誌「OUTRIDER」

オフ車はもちろんバイクツーリングの楽しさを
読み手に何とも言えない顔ぶれや文章力で引き付けて来た

もちろん僕もその一人だった

社会人になっていろんなことが重なり
バイクを手放してから数年振りの今年
再度、オフロードバイク・Yamahaセロ−250を購入した

それと同時に本屋へ情報を仕入れに行くと
「OUTRIDER」はまだ販売していたが

当時は毎月だったが、現在は2ヶ月に一度となっていた

そして10月号を購入しに本屋へ向かうと
特別付録に「寺崎勉・オートバイの旅」という
単行本が付いていた!

クリックすると元のサイズで表示します
10月号のタイトルもまたいい!

読書の秋に持ってこいの本が付録で入っていて
喜んだ....

雑誌の方を読んでいって
最後のページに目がいった

「これにて定期発行は終わりです....」...と

クリックすると元のサイズで表示します

何だと....

せっかくこれから再度バイクライフを過ごそうと思っている矢先

バイク人口が減っているのか?ネット本が圧倒的なのか?
長年慣れしたんだ雑誌が休止になるなんて...
時代というものはこうも残酷なのか

最近休止になった雑誌...
あんなものは休止どころか
販売している方がおかしい

でもバイク人を心から楽しませてくれた
『OUTRIDER』...残念

不定期ということなので
いつかは本屋に並んでいる事を切に願います
3

2018/3/6 | 投稿者: abechan

仕事の休憩時間に
近くにある本屋に時間潰しに行った

今年あたりから
再バイク生活を考えているのだが
(あとはタイミングとお金ww)

久しぶりに本棚の
バイクコーナーに行ってみると
Out Riderが陳列されていた

クリックすると元のサイズで表示します

まだ売っているんやね!
当時は毎月購入してたなぁ〜
バイク雑誌と言うよりは
バイクツーリング雑誌

これを読んであちこち行ったものだ
何だか懐かしくなって購入した

クリックすると元のサイズで表示します
SUZUKI SX200時代...九州一周時の時の写真

今ではナビとか便利な物があるけれど
当事はツーリングマップを
計測計辺りに差し込んで
あっちでもない、こっちでもない...
迷いながらあちこち走ったものだ

また一段と
バイクライフへの道が近ずいてくる
1
タグ: 雑誌 九州一周 SUZUKI

2018/2/19 | 投稿者: abechan

僕がバイクにのめり出したのは
大学の2年生の頃

影響を受けたのは
当時大学の後輩

彼がバイクで通学している姿や
バイクを語る姿に
いつしか僕の頭の中にはバイクしかなかった

彼はオフ車に乗っていて
僕も最初は中古のスズキRG(ガンマ)125だったが
オフ車が欲しいなぁ〜と思ってきていた

大学を卒業してサラリーマンになって
最初の給料で購入したのが
スズキSX200だった
ビックタンクの4ストオフ車だった

燃費がとてつもなく良くて
15L位入ってリッターは30km弱は走った

それで四国1周や
実家の九州まで走って
阿蘇周辺を走り回って
そこから大阪に戻って

スタンドには2回くらいしか行かなかったもんな
それくらい燃費はめっちゃ良かった

その後ヤマハから
闘う4ストとの愛称で発売された
TT250Rに惚れてしまい
発売とほぼ同時位に購入した

その頃は簡単なレースとか
バイク仲間とキャンプツーリングをメインに
週末や長期の休みが取れたら
あちらこちら走ってた

クリックすると元のサイズで表示します

この頃は周りみんなオフ車やった

どこに続くかわからない林道走ったり
日が暮れてきたらテントが張れるところを
探しながら走ってた

今から思えば自由な時間を贅沢に過ごしていたものだ

最近、周りの人でバイク乗っている人と
お話や写真等を見る機会があり
『久し振りに乗りたいなぁ〜』との想いが強くなってきました

クリックすると元のサイズで表示します

本屋に行ってつい思わずバイクの本を買っちゃったww

でも昔みたいにオフ車の生産量が
絶対的に少ないのがこの本を見てても悲しい

でも、近いうちにバイクライフを復活させたいと
思いながら2月19日の夜を
メンアットワークのアルバムを聴きながら過ごしています
1




AutoPage最新お知らせ