〜自転車と旅行とラジオと…
2018/12/12 | 投稿者: abechan

この日は12月9日(日)
新潟へ向かう日

昨夜久しぶりに出会えた友と
うまい酒と料理を堪能しいい感じの
酔っ払いでホテルへと無事に到着

羽田空港近くのホテルを取っておいたのは
ちょっとでもゆっくり寝れると思うて..

今回の旅のもう一つの目的は
新潟から全国へ...地域活性化モデルさんを
出されていて、被災地支援など地域だけではなくて
全国にその活動を広げているとってもかっこいい会社
Shitamichi-HDさんの17周年記念パーティーに参加する事だった

この会社を知ることから、社長さんはじめいろんな方と出会いのきっかけを
頂いたとても僕自身も大切な方達と「久しぶりに会いたいなぁ〜」との想いもあった。

さて朝起きてテレビつけて天気予報を見ると
北陸から北海道にかけての日本海側はこの年1番の寒気
そしてとある場所では大雪...
千歳空港ではキャンセル便が相次ぎ
空港内はえらい騒然としてた
東京からは飛行機なら直行便で1時間弱
早いものだ

しかし今回の旅は貯まっていたunited milageにて
航空券を購入していたので
羽田〜千歳〜新潟というなんとも贅沢な
そしてなんとも遠回りなルートだった

そして新潟直行便なら心配してなくてもいい
北海道の天気だが、今回はそうも行かない

とりあえず空港へ行ってまず千歳行きが出るかどうかを確かめに向かう

クリックすると元のサイズで表示します
10時発...千歳まではとりあえず飛びそうだ
クリックすると元のサイズで表示します
ちょいと安心して朝ビールとおつまみを

羽田を離陸して1時間弱で千歳空港に無事着陸
クリックすると元のサイズで表示します
北海道(千歳空港)は今年初めての雪景色

しかし、考えてみれば北海道なんて何十年ぶりだろうか?
マイルで購入しなければこんなルートは
特に急いでいる時には選ぶ人なんてまずいないだろうなww

千歳から乗り継いで新潟へ
ところがここで嫌な空港内アナウンスが
「新潟行きのフライトは新潟上空の気候が不安定のため
着陸できないと判断した場合は引き返す事もあります」...と

「なんだとぉ〜ここまできて引き返すだと!」
「せめて近くに着陸するとか...千歳に引き返せば今日のうちにいけないやん」
と心の中は穏やかではなかった

考えてみれば4年ほど前にも
Shitamichi-HDさんのパーティーに行ったことがあった
その時は電車移動だったが、その日も大雪で
電車が立ち往生したり、動けなくなったり...
でも何とか新潟駅に到着してホッとした事を思い出した

ぼくにとって、新潟はとっても大好きな街だけど
簡単には寄せ付けてくれない(笑)街でもあるという事が
なんとなく感じた

クリックすると元のサイズで表示します
新潟行きは刻々と出発時間が伸びていってました
クリックすると元のサイズで表示します
いつ搭乗できるかわからず...待ってる時間にお昼を取ったりしてました

やっとこさ搭乗アナウンスが始まり
新潟行きの飛行機に乗ります

でもこの時も「引き返す可能性あり」のアナウンスは
度々ロビー内や機内でも放送されていた
なので「ホンマに無事に着くんやろか?」とずっとハラハラドキドキでした

クリックすると元のサイズで表示します
新潟行きはこれまた何十年ぶりに乗るプロペラ機(ボンバルディア)だった

離陸してからは窓からの景色というよりも
「とにかく引き返さなくて着いてくれぇ〜」と祈ってました(笑)

約1時間後、なんとか祈りが通じたのか
無事に新潟空港に着陸!

クリックすると元のサイズで表示します
よかったぁ〜新潟空港到着!

その後ホテルにチェックインし
会場となる久しぶりの「万代シルバーホテル」へと向かう

最初から最後まで
素敵な演出と久しぶりにお会いできた人、新しく知り合いになれた人
いろんな方々と交流できたのも幸せなひと時でした

クリックすると元のサイズで表示します
三味線演奏...史佳さんと更家健吾さんのオープニングアクトで始まり。素晴らしい演奏だった!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
いろんな企業さんのブースも
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
フェイス美容のブースにお邪魔しました。デカイ顔が小さくなった感じ(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
第6代越後長岡雪の女王・未央ちゃんと一緒に楽しいお話しをさせて頂いた鈴木さんと

華やかなパーティもおわって
二次会の方へもお邪魔させていただいた

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりにマルコさんとも出会えました!

クリックすると元のサイズで表示します
最後にやっと坂井シャチョーと。塔さんとも出会えてマルコさん含めてパチリ

あっという間の楽しい時間だった
最後の方はほとんど覚えていない

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
会場を後にして気がつけば新潟の名所・万代橋を通ってた

どうやってホテルに戻ったのか
たぶん写真撮ってたから歩いて帰ったんだろう
気がつけばちゃんとホテルの部屋に戻っててベッドの上にいました

楽しい時間をありがとう
皆さんに感謝です!!

楽しい新潟での一夜でした!
1

2018/12/10 | 投稿者: abechan

かなり遅くなった記事
昨年の12月初旬にさかのぼる

大阪でとてもお世話になった
友が新たに東京で修行を積んでいることは
10月にも一度訪れた

その時は恵比寿だったが
今回は東京駅のすぐ近くの一等地に
新しく出来たマスターとして店を開いたとの
ニュースを聞いたので別件と噛ませて
再び東京へ足を運んだ

今回の旅の足は全て飛行機で
united mileがかなり溜まっていたので
スターアライアンス加盟のANAでチケットを購入
こういう時は貯めててよかったな..と感じた

まずは関空から羽田へ向かう

クリックすると元のサイズで表示します
チェックインして時間まで..やっぱ粉もんとビールで
クリックすると元のサイズで表示します
さっ、東京へと乗り込みます

東京までは新幹線でも早いと思うが
やはり飛行機はさらに早い(当たり前)
離陸したと思ったらもう着陸のアナウンス
実質1時間かかってないんじゃないかなとも感じられる

東京に行くといつも迷うのが
地下鉄やJR、私鉄の鉄道網の多さ
頭の中に”行く方向”は理解しているつもりなのだが
鉄道がどこをどう走っているのかはさっぱりわからない

今回の宿は翌朝、新潟へ朝早い飛行機なので
羽田空港近くのホテルを予約...

丸の内に行く苗にまずはチェックイン

クリックすると元のサイズで表示します
最寄駅は大鳥居という駅
クリックすると元のサイズで表示します
予約したホテルへチェックイン。ルームナンバーは僕の誕生日...うん、いいね。

その後丸の内の店へと向かう

その店名は「大連餃子基地」という
羽根つき餃子がメインの中華とワインのお店

友の大阪でのお店はどちらかというとイタリアンやアメリカンタイプだったので
中華??と聞いて少しびっくりはしたが、いやいや中華とワインがこんなに合うなんて!
と驚きと感動を覚えました

クリックすると元のサイズで表示します
DLIAN...大連餃子基地

クリックすると元のサイズで表示します
ワインはもちろん彼にお任せしていた

料理とワインがあまりに美味しいので
何本空けただろうか??

この時には大学時代の後輩家族も一緒に呼んでいたました

いい気分になった時に
このレストラングループの社長さんや
サントリーさんのバイザー部長もちょうど居られてましたので
皆さんと一緒にご一緒させていただきました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
いやぁ〜楽しい宴でした

最後に友と店の前で記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します
実はこの時に彼がソムリエに受かっていたことを話してくれた
当時は重大な機密事項でしたがね...ww

いやぁ〜大満足なお店でした
東京に伺う時にまた足を運べる素敵な店ができました

ホテルに戻る前になぜか
締めのラーメン屋さんに入っていたようです

クリックすると元のサイズで表示します
最後に案外こってりしたラーメン食べてたんや...ちゃっかりビールも写ってるし
これはホンマに覚えていないww

ぜひ皆さんも東京に行かれた時は
DALIAN「大連餃子基地・丸の内店」へ行ってみてくださいね
素敵なスタッフとかっこいいソムリエがいますので

◆DALIAN 丸の内店
◆東京都千代田区丸の内3−2−3丸の内二重橋ビルB1
◆☎03−6206−3039
2

2018/10/24 | 投稿者: abechan

先日の休日
久しぶりに大好きな街・尾道へ
日帰りで訪れた

もうかれこれ何度訪れているだろう
一番最初に訪れたのは大学1年生の冬
最後に訪れたのはいつだったか??

尾道の街に行きたくなったきっかけは
言わずと知れた大林宣彦監督の尾道三部作
”転校生””時をかける少女””さびしんぼう”

特に”さびしんぼう”は僕の中でも
いろんな映画を見て来た中でもベスト3に入る
僕の中の『大切な映画』

クリックすると元のサイズで表示します
尾道の高台から尾道水道を経て向島を眺める

行く度に「ノスタルチック」で
「はじめて訪れてもなぜか懐かしい」
大林監督の名言が胸に残る素敵な町です

今回は大学時代の旧友と言ってきました

午前8時台の新幹線で福山で下車
そこから在来線に乗り換えおよそ15分位で尾道に到着

尾道駅前は再開発中なのか
昔の面影はほとんど残ってなく
駅舎は工事中だが駅前は悲しいくらい”小ぎれいに”になっている
昔を思う旅人にとってはかなり寂しい感じがした

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに下車した尾道駅

先ずは尾道ラーメンを一躍有名にした名店
朱華苑へと足を伸ばす

この店は並ぶのが必須で
特に休日となるとかなり並ぶ
今まで避けてきたが相方の立っての希望で
並ぶのを覚悟で店へと散策がてら向かう

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

商店街を懐かしながら(シャッター店が多かったなぁ〜)散策しながら
お店へと向かう。当時、映画ファンがよく集まっていた「TOM」の店はもう無い

あちこち寄り道しながらお店へと到着
開店時間は御前11時で着いたのが11時10分過ぎ...
それでもうかなりの列ができていた

クリックすると元のサイズで表示します
もうすでにかなりの行列

小一時間くらいかかるかな?と思ったけど
店の回転率がいいのか30分足らずで店内に入れた
今までは並んでいない店で食べていたけど
初めて朱華苑での”尾道ラーメン”を頂いた

クリックすると元のサイズで表示します
朱華苑の尾道ラーメン...ビールと一緒に頂いた

コクがあるけどすっとのど越しが良くて
あっという間に食べ終わった...
うん、並ぶ理由がわかる。美味かった

お腹いっぱいになった後は
ロープウェイに乗って千光寺方面へ向かう

クリックすると元のサイズで表示します
女性はお腹いっぱいになってもデザートはやはり別腹なのねww
クリックすると元のサイズで表示します

千光寺公園についた後は
今となっては面影も案内もなくなっている
尾道ロケ地巡り...思い出しながら暖かい陽射しの中歩く

尾道はお寺が多く”お寺めぐり”は今でも地図等で案内していますが
映画ロケ地マップや案内版などは全く無くなっていた

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

文学の小道あたりは昔の面影を多く残していた
尾道は猫が多く、”ネコのまち”としても有名だそうだ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
いたるところにネコの置き物やほんとにネコによく出会う...

山の上から尾道市街地をバックに...
ここからの景色だけは何十年経っても変わらない...

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

映画「時をかける少女」で有名になった
”タイル小路”を探すも案内もマップも無く
昔通った道をお互い思い出しながら探す

先ほども述べたが、尾道には”ロケ地マップ”や案内版が無くなっている
街並みを歩いていると大林監督からの張り紙が貼ってあった

クリックすると元のサイズで表示します

字がぼやけてしまっているが、要はこういうことだ
尾道は坂道が多くそして民家が隣接しあっている
そして観光客だけではなく、本来そこに住んで居る人達の生活の場が
観光化されてしまい...住民の方達の生活の場が失われているのがその時の現実だった

大林監督はそのことを考慮してこのような張り紙やロケ地マップなど
もう設置しなくなったようである

やっとの思いで探し当てた”タイル小路”は
当時の面影は多少残っているが、無残な痕跡となっていた

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
このような感じ...場所は先程の通りここでは記載しません。
訪れる人は是非静かに探して、そしてゆっくりと時間の流れと尾道の空気を感じて散策して下さい

夕方近くになり尾道市外へと戻り
お腹もすいてきたので
尾道名物その2....尾道焼を食べに店を探す

クリックすると元のサイズで表示します
尾道焼は広島風お好みとは若干違う。イカ天を入れるのがオーソドックスだそうだ

食べた後は北路線を戻り
尾道〜福山へ...そこから新幹線で新大阪へ向かう

一緒に訪れた旧友とはここでお別れ

日帰りの小旅行みたいな感じになりましたが
久しぶりに訪れて、かなりの変容でちょっと寂しい気持ちもあったが
やっぱ尾道は尾道...まだまだ訪れたいところが残っています

それはまた次の機会に!!
1

2018/3/13 | 投稿者: abechan

3月12日は平日の月曜日
前から有給を取っていた

それh地元の行きつけの飲み屋
焼き鳥大吉大野台店の
看板娘タカちゃんが仕事の関係で卒業するので
前からマスターと話ししてて
送別会は昼から飲み楽しもう!と

それがこの月曜日だった

場所は新世界一体
僕も久し振りに行くので
前から楽しみにしてました

お昼過ぎに天下茶屋駅にて集合
そこから動物園前駅を経由してジャンジャン横丁を過ぎる

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

新世界といえばやはり通天閣
完全に観光客ですww

最初に向かったお店は
新世界に行くと必ず寄ります
『半田屋』…今年で創業89年だそうです
来たら必ず寄ると言っても
今回はかれこれ1年ぶりくらいかなぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

初っ端の乾杯ビールから
日本酒、焼酎、泡盛とその他もろもろ
一気に行ってしもて既に1件目で完璧にきてました

最後は大将も含めて記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します
また来るねぇ〜

店を出てフラフラしながら次の店へ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次は焼肉屋へ
ここでもお肉とお酒をたらふく頂いて
気がつけば飛んでいたようなww

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後はカラオケに行って
歌った内容すらほとんど覚えてないほど
僕とマスターは出来上がってたんじゃ無いかな
タカちゃんゴメンね

そうして夜も遅くなり
私達は帰路につきました…とさ

改めてタカちゃん、この2年間ありがとね!
ほんでいつも付き合ってくれるりょう君に感謝
マスター…また行きましょう

いつかまたこのメンツで
美味しいお酒が呑めますように!!
2

2018/3/11 | 投稿者: abechan

土曜日は仕事はお昼迄
久し振りにランチと夕食を兼ねて飲み歩きました

先ずは職場の最寄駅
堺東の行きつけ居酒屋「高砂屋」
ここも来てもう何年になるかなぁ〜

朝から空いているので
また空間も昭和を漂わせる素敵な雰囲気
ランチにビールとアテを頂き
ご常連さんと楽しい話をしながら
楽しい時間が過ぎていく
クリックすると元のサイズで表示します

3時間くらいいたのかな
お店を出て堺東から東心斎橋へ

先日20周年を迎えられた
大好きなスペインバー「ヘミングウェイ」へ
オーナーの松野兄さんと話しているうちに
店内はあっっという間に一杯に

クリックすると元のサイズで表示します
ささやかながら周年のお花を

やはりシェリー酒とハモンベジョータを頂く
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヘミングウェイの後は
日本酒と美味しい和食を求めて
「都喜」さんへ

ここでも又
親しくさせて頂いている
常連さんと出会う

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

都ママと料理長の信ちゃんの
安定の美味と雰囲気
ご馳走様でした

今回も良い飲み歩きでした

皆さんに感謝!

1

2017/9/7 | 投稿者: abechan

自宅から最も近くて
最も通っている大好きな居酒屋が
「大吉大野台店」...

そのマスターとはいつも話していたのが
「お互い休みが合えば飲み歩きしたいね」と言う話

昨夜はやっとそれが叶い
夕方4時頃に金剛駅近くの
昭和の香りがまだこんなにも残っているのか?
と思わせる最近お気に入りの「三好屋」で待ち合わせ

マスターは初めての入店でしたけど
僕が着いた時にはもう「ハマっているよう」でしたww

2時間くらい飲んだかなぁ〜
お互いにとってもいい感じに出来上がってきました

クリックすると元のサイズで表示します
いい感じ^^/

その後は6時にもう一軒、店名も「1軒目」と言うお魚とお酒のうまい店を
予約していたので、大吉の看板娘タカちゃんとその友達りょう君とお店で合流

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
肴もお酒もとっても美味しかった...

その後、幼馴染もきてくれて
気がつけばかなり酔っ払ってしまってました

クリックすると元のサイズで表示します
この辺りは実はあまり覚えてなくて...

楽しかった飲み歩きでした
皆さんありがとねぇ〜
1

2017/3/11 | 投稿者: abechan

19年...数字で書くと
恐らく30秒以内で書き終えれる字画だと思う
けど実際はそんな簡単なもんではないですよね..

僕がお酒を飲み歩くようになって
一番最初に訪れた地域が大阪・東心斎橋
そこに大阪、いや関西、いや日本...いやスペイン
をも巻き込んでしまうそんな素晴らしいお店があります

『Bar Hemingway』
クリックすると元のサイズで表示します

本格的スペインバーでありながらも
マスターの松野さんの人間性がそうさせているんでしょうか?
一度は行ってしまえばもうそこは別な空間が漂っている感じがします

本場スペインのバーにいるような感覚にさせてくれる
普通にテレビ中継(野球であったり、サッカーであったり、競馬であったり...)されてるし
客は客同士で世間話をする... 時には色々あったりする
でもそれは日常茶飯事な事がたまたまこの店内でおこなわれているだけww

もちろんマスターの松野さんやスタッフの方と話に来る人もいる

そんな本格的..といいながらも普通の状態で.日常茶飯事的に酒を呑み、語らいをする
僕にとってはそんな「憩いのバー」が今年で何と19年を迎えられました

一番最初に書いた19と言う数字(字画)はなかなか作られるものではないと思う
その事に師と仰ぐ人達もかれこれ何十人いや何百人といただろう
僕も個人的にその中の一人だと思ってますww

いろんな思いを込めて
ホントに19年おめでとうございます
これからもがんばって、そしてよろしくお願いいたします^^/

クリックすると元のサイズで表示します

Muy Felicidades a 19anos
1




AutoPage最新お知らせ