宝くじ当たれ!  (携帯から)

K子「宝くじ3億円当たったら あんたに1000万円あげるからね〜
嬉しい事いってくれるね〜 ありがと! 優しいね♪
私「じゃ〜当たったのが 1000万円だったら?」 (念のために聞いてみる)
K「100万円! 一割あげるよ」
私「いいよ そんなにいらないよ〜 50万でいいよ」 (遠慮してみた)
K「あたしも いろんな人にあげなくちゃいけないから・・・少なくてごめんね」
私「いくらでもいいよ 当たんないうちからそんなこと言っていいの?」
K「誰にでもあげる訳じゃないよ あんたには ホントに1000万円あげようと思ってるからね」
私「じゃ〜 アタシが当たったら・・・あんたの家を3階建てにリホームしてあげるよ
K「いらないよ 今のままで充分!掃除も大変だし・・・」
私「お金であげても貯金しそうだから リホームにしようよ! ついでにアタシの部屋も作ってさぁ〜」
K「ダメッ! 犬がいるうちは絶対ダメよっ!」
私「じゃー 庭に犬小屋を作って その中に私も住む・・・ってのは?」
K「それでも・・・・なかなか難しいだろうなぁ・・・」
私「○×△□○×△□・・・・・」
K「・・・・○×△□○×△□」
運転しながら ついつい会話ははずんでしまうが・・・
K「・・・あたしたちって 当たらないうちからこんなに話を膨らませて・・・馬鹿だよね〜〜」
私「ホントだよ〜 まずは宝くじ買ってからにしてよねっ!!

丁度そこに 姉の由利子がニコニコしながら歩み寄って来て・・・
姉「あんたたち・・二人してアホヅラして バカ丸出しだよ〜

クリックすると元のサイズで表示しますそうでした! おばさん二人でニタニタしながら あほ話してる姿は 傍目には見られたもんじゃないかもね・・・ (~o~;) 
健康で平和な1日が過ごせて いい友達もいて それだけで充分幸せ♪
【教訓】宝くじは買わないと当たらない

0

おそるべしK子  (携帯から)

犬嫌いの親友K子に いつも言われてしまう
K「あんた 他人の犬を紹介してる場合じゃないでしょ?! 自分ちのも減らしなさい!
私「それが出来ればね〜〜〜(^○^) 10年後は半分になってる・・かもネ」
K「ったく・・・バカなんだから〜 知らないからねっ!」
私「余計な心配していただき ありがたいですわ
 『もしも』の時にはお願いしますね〜 
  掲示板に載せて いい人探してね 高く売ってもいいからさ〜」
K「縁起でもない事 いうんじゃないよ!」
私「いつ何があるかわかんないでしょ 運転してて突然心臓が『ウッ・・・』となるとか・・・」
K「はいはい あんたちのアホ犬なんか 年とったらタダでも貰い手付かないんだから
  いまのうちにあげちゃいなさいね」
私「〜〜んちゅうこと・・・ うちのは案外可愛いンだからね」
K「顔はそれなりだけど・・・毛が 貧弱だよね〜」
私「確かに・・・よく分かってるね〜 驚きだわ・・・」
K「しょっちゅう見てると 分かっちゃうのよ 良いのはポンタぐらいかしらね」
  恐るべしK子! あなどれないぞ!
K子さん・・・最近PCを見れるようになったそうで・・・ メールが出来るようになると おもしろいのになぁ

「バカな事書いてないで たまには真面目に仕事しなさい!
 ボケが進むよ!!」 

時々 厳しいチェックが入ります )^o^(
0

5年間の気持ち  (携帯から)

世話好きのK子さんが私の為に いつも手作りのオカズを取って置いてくれるのだ♪
週2〜3回(いや5回くらいあるかも?)頂き物で生活している
『せめて材料代だけでも・・・気持ちだけ入れるね』と思って K子玄関脇に置いて5年間貯めてきた『オカズ代貯金箱』いよいよそれが満杯になったので 開けることにした♪

私『いったいいくら位入ってンのかしらね〜〜 楽しみだね〜〜』
K『このお金で一緒に北海道でも行こうか?』
私『いいね〜〜♪ でもこれは材料代だから アンタのものだよ』
K『いいのよそんなこと あげたくてあげてるんだから!』
私『予想では3〜4万かな? もしかして5万位入ってるかも〜』

ワクワクしながら開けた貯金箱・・・ 中のお金を数え終わって・・・
合計3万5千ちょっと・・・?! ・・・・・・・やっぱりね・・
1年で7千円で 月にすると600円だよね・・・その3倍くらい入れてても良かったのに・・・
いい加減な私は 入れたり入れなかったり 何ヶ月も入れなかったり まとめて入れたり・・・結局『しみったれ』だったのね・・

K『やっぱりアンタはケチだったわ 1万円札なんて入ってないよ』
私『入れようと思って やっぱり気が変わっちゃたンだよね・・ (~_~;)』
K『これじゃ 北海道は無理だわ 筑波くらいにしとこうかね』
私『いや〜〜 これは私は使えませんわ〜 アナタのものですぅ〜』

大笑いして ちょっとガッカリの二人・・・馬鹿な会話は延々と続くのでした

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
新しく買ってきた貯金箱と今日頂いたオカズ3品
半年前から 食器ではなくポリ袋になった
洗って返す必要がないので とっても良い♪
K『こんな袋のままじゃ 不味そうでしょ〜 ちゃんと入れ物に入れてから撮ってよね』
私『いいの! これがいいのよ 真実の姿だからね〜』

(左から 南瓜のサラダ さばの味噌煮 ナスの味噌炒め)

K子さん! 私を甘やかさないで! 
私『アンタのお陰でますます私は 自堕落な生活をしてしまう・・・』
K『おお〜 憶えたての言葉! 使い方がいまひとつだね』



0

小さくても豪華です  (携帯から)

オバタンから沢山寄附していただいたアブちゃん♪

PCの具合が…イジクリ過ぎて…またおかしく してしまった。(-.-;)
携帯からの投稿はツライなあ (T_T)
クリックすると元のサイズで表示します
0

もう手遅れ?!  (携帯から)

再検査の結果を聞きに病院へ行ってきた
「どこも異常はありません」だって?? 困った・・・! もう言い訳が出来ない・・・
単なる怠け者なのよ!」友人K子の鋭いお言葉・・・当たってますわ
帰りの受付で「前回 診察券とおつりを忘れて帰られましたよ」って? ・・・(-.-)なんてこった!
身体に異常は無くとも 脳の老化は確実に進んでるワ
      =====================
その日の夕方 K子がおかずを持ってきてくれた「いつも悪いね〜 ありがとう」
イザ食べようとしたが どこに置いたのかなかなか見つからない
情けないけど面白いので K子にTELしてみた
「悲しい事に 5分くらい探したけど さっきのオカズ 見つかりません」
「あんたね〜 ゴミと一緒に捨てちゃったんじゃないの?」
「ははは・・・いくらアタシでも そんな事はしませんわ〜!」
ン屋の袋に入ってるんだからねっ! ちゃんと探しなさい!」
「・・ん? パン屋の袋? あ〜〜っ!! あ〜〜あったわ〜! ははは・・・」

テーブルの上に置いたパン屋の袋には ティッシュやら毛やらのゴミを捨てていたのでした・・・
底の方には ちゃんとオカズが入ってました♪ (^_^;)
「イヤ〜 ここまで進んでたの〜? って 笑うしかありませんね〜」
「・・・今度は脳のCT撮ってもらいなさいね」
「はは・・・ もう手遅れかもね〜」

Wパンチの悲しい1日が過ぎていくのでした・・・
0

火の用心  (携帯から)

昨夜の出来事です
夜1時間ほど姉の家に行き 9時頃帰宅した
玄関を開けるなり 煙がもうもうとして部屋の中が真っ白!
焦げ臭い! 火事?!
あっ!!思い出した!(さっき鶏肉をゆでたまま出かけたんだったわ)
大急ぎで火を止めて 全ての窓を開けに 家中走った
犬は?みんな動いてるから大丈夫よねっ! 喉が痛いという事は・・犬も? ゴメンよ〜(T0T)
部屋中クサ〜イ! 鼻にツク臭いが ワンの体からも・・・(T_T)す、すまん!

この出来事を友人K子に教えてみようっと
私「あのサァ・・・昨日凄い事が起こったんだ」
K「起こったんじゃなくて 起こしたんでしょ あんたが!」
私「えっ?なんで知ってんの??」
K「全ての出来事は 自分でやっちゃった事なんだよね!アンタの場合
私「さすが〜 私を良くご存知で・・・・」

姉もK子もこの出来事を教えても ちっとも驚かなかった・・・
普段の私の行動を観察してると「ありえる!」との事・・・(T_T)
K「もうすでに脳みそアルツハイマーなんだから 言っても無駄か・・・」
こう言われて「そうなの そうなのよ♪」と喜ぶ私に相手も・・・(ーー;)・・・

皆様 火の元には注意しましょうね
自分の家が燃えるのは仕方ないですが 隣近所に迷惑かかっちゃいますから・・・
   =========================
鴨居に吊るしていた上着が ものすごく臭かった〜〜(+_+)
10年前にも危うく燻製になりかけた事を思い出した・・・その時はゆで卵を作ってる途中で寝てしまったのだが まり(ポンタの母)が吠えて起こしてくれた (ありがと まりちゃん♪)
臭いが家中にしみ付いて しばらくの間焦げ臭いのを我慢するしかなかったのでした・・・・
ホント〜にクサイのよね〜〜 エーン(ToT)
0

チョットだけよ  (携帯から)

お風呂に入って髪を洗う・・・う〜ん・・・最近白髪が増えたし つやもなくなってきてるなぁ・・・(-.-) 
チョット借りちゃおうっと♪ (今回は犬用のコンディショナーを使ってみた)
なかなかいいぞ〜 そりゃぁ良いに決まってるわ! 人間用よりずっと高級品だもんね 
K子に教えてみた
ぜったいに信じらんない! バカな事やめなさいよ!!」 ・・と前回は思ったとうりの反応だったが 今回は・・・
「いい加減に やめなさいっ! 人間用にしなさい! もったいないでしょ〜 犬用は高いんだから・・ アンタには人間ので十分
・・・・ん〜〜 説得力あるわー 納得してしまう自分がチョット悲しい・・・

誰でも1回や2回くらい 犬用のを使ってみた事あるよね? 
ん?お前だけだって? いやいや絶対仲間がいるはず! みんな恥かしがって言わないだけなのサッ!

クリックすると元のサイズで表示します←苦情がきたので直した写真
性格や考え方や好き嫌いの好みが全く違うから 凸凹コンビが続くのかなー??
今日も おかずを貰ってしまったわ♪味の好みだけはピッタシ!
0




AutoPage最新お知らせ