2011/2/28

中央ゆめずくりの寄り合い  日記・コラム・つぶやき

3月12日のもちつき大会に向けて・・・
中央ゆめずくり協議会地域事業部の寄り合いがありました。
何だかんだと30分ほどで話は終わりました。

が・・・再び各部会合同で3月6日に寄り合いがあります。
この場所で、本番に向けての最終の打合せですかねェ〜

楽しみに待ってくれている人たちのためにも、ベターな準備を・・・
0

2011/2/25

気分の悪い・・・  日記・コラム・つぶやき

今日は非常に気分が悪い

知人と夕食に行った時の話ですが

新しくできたお好み焼き屋に行ってみようと・・・
行ったまではいいのですが・・・
とりあえずビール・焼きそば・お好み焼きを注文しました。

ビールが出てくるまでに10分ほど待たされて、
嫌な予感がしたのですが・・・
まぁ〜しばらくして焼きそばが出てきました。
ここまでは、普通に我慢しましたが、
お好み焼きを待つこと1時間ほど・・・

あまりに遅いので、店員に聞いたところ・・・
店長らしき人が来て、伝票の記入漏れあったとかで・・・
すぐに、持ってくるといわれましたが、断って帰りました。

この待ち時間どぉ〜してくれんねん・・・ちゅうこっちゃ

気持ちだけは店のテーブルひっくり返して帰りました。

こんな店2度と行きまへん`へ´
0

2011/2/25

やっと・・・手に入れました。。。  不動産

今日は、名張市つつじが丘の物件を手に入れる事が出来ました。
と・・・言っても・・・契約しただけですが・・・

私がサラリーマン時代から手に入れたかった物件です。
土地が120坪以上もあり>>>建物は床面積にして55坪ほどありますが、それ以上に外観の雰囲気は、全体的に70坪ほどの風格のあるお家です。
外観も内装も非常に贅沢な雰囲気の建物です。

昨年の今頃の事でしたが、知り合いから連絡があり・・・
まさかと思いましたが、知り合いを通じて手に入れることが出来ました。
それでも、1年間びっしりと・・・時間がかかりました。

この春に子供が結婚するので、購入しましたが・・・
リフォームして売却するすることも考えています。。。

売ってしまうのは惜しいような気もします。

これから結婚する子供に譲るのが良いのか・・・
見て頂いて気に入って頂くお客様にお譲りするのが良いのか・・・

悩んでいます???

本当に気にいってくれる方にお譲りするのが家も喜んでくれるのではないかと思います。

子供か???お客様か???
0

2011/2/20

布団が1番  ペット

クリックすると元のサイズで表示します今日はお外に出ないぞぉ〜
ソラ坊の強い意志が見えるかな・・・
本当に布団で寝るのが大好きなボンボンです。
いったん布団に潜り込むと・・・
顔は出してもなかなか出てきません<<<
外に出るとワイルドに動き回るのが好きなのですが、、、
いったん家の中に入ると布団の中です。

とにかく布団で寝るのが大好きなソラ坊です。

0

2011/2/19

ぼちぼち散髪しないとぉ〜  ペット

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますユッちゃん・・・
ぼちぼち散髪してもらわないと、、、
毛がぼさぼさなんだよぉ〜ん。。。
チョコ姉ちゃんは、今日、お母さんに前髪を少し切ってもらったようで・・・
かわゆくなったなぁ〜
ユッちゃんもさっぱりしたいなぁぁ〜
でも・・・
ポーズ決めてかわゆいでしょ。。。

0

2011/2/15

また雪。。。  日記・コラム・つぶやき

クリックすると元のサイズで表示します昨日の夕方から本格的に降り始めた雪・・・
また雪雪
今回もよく積もりました。
昨日の午前中に洗車したのですが
洗車が終わるや否やで白いものがちらちらとしてきました。
くやしぃ〜〜

今回の雪は各地で交通機関にも影響があったようです。

まだ降るんやろぉ〜か???

0
タグ: 2月 

2011/2/7

また一人、、、  日記・コラム・つぶやき

今朝の新聞で掲載されていて、驚きました・・・

また一人、私が昔から好きだったミュージシャンが永眠されました。
ゲイリー・ムーア氏・・・享年58歳(1952年4月4日ー2011年2月6日)
2月6日朝・・・休暇先のスペイン。コスタ・デル・ソルの高級ホテルで、就寝中に息を引き取ったという。
彼の死を発表したマネージャーは、あまりに突然のできごとに「まだ信じられない」とBBCに話しています。

彼はハードロック界を代表するギターリストでした。
北アイルランド、ベルファストで誕生したゲイリー・ムーアは14歳でバンド活動をスタート。 1969年、16歳のときにスキッド・ロウへ加入しレコード・デビューを飾った後、シン・リジィに参加。
その後のソロ活動も成功し、レジェンド・ギタリストとしての地位を確立した。

私にとって青春時代のカリスマ一人のでした・・・特にハードロック色からブルース色が強くなってきたころが最も好きな時代です。
「ウェットで哀愁の漂う泣きのギターで、日本人の感性にはもの凄く合っていました。アメリカとかよりも日本での方が人気だったくらいです。ワイルドな速弾きもあるので『ギター・クレイジー』なんて愛称がありましたね。80年代初頭、洋楽ロックファンの間では絶大な人気だったので、今45〜50歳くらいの方で衝撃を受けている人は多いのではないでしょうか。。。」

もう、ムーアさんの新しい作品は聞けないのです。
残念なことです。。。。

ご冥福をお祈り申し上げます。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ