2006/4/11  20:17

復元刻  篆刻

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
なんだか印関係が続き篆刻家さんのブログのようです。さてあまりこういうものは人目にさらすものではありませんが、実は私、恥ずかしながら、「書における臨書と同じ態度」で摸刻をしたことがありませんでした。秦漢の古璽印をまるでイミテーションを作るかのように、傷や欠け腐食なども忠実にそっくりそのまま作りこむというような模刻ばかりをしてきました。書においては摩崖ものの古隷や腐食した金文など、見えなくても本来はあるであろう線をキッチリと想定して書いていたのに、篆刻にはなぜかその態度を適用してこなかった。それは印そもの自体が腐食や欠けの美学をかなりの割合で含んでいるために、古味や雅味を出すためのいわゆる撃辺というものが必須事項となっていたからだと思う。私は今までかなりこの小技ばかりに魅了され、本質を誤魔化してきたような気が、実はあるお客様からのお仕事をしたことで浮き彫りになってきたのだ。古典の場合は特に、最初に完好な本来の姿があり、そこに歴史の重みとして腐食などが加わるが、この古味や雅味はあくまで後の鑑賞者が重み付けしたものであって、初めからその意図はないのである。当たり前の話だがこの腐食ばかりに気をとられていては本末転倒なのである…そういう意味でこの模刻はあるべき本来の姿を想像して復元するような態度で作ったもの。これも戦国期の文字の発する雰囲気が身についていないと出来ないのだなぁ…とあらためて思った。羅福イのように極端に腐食を嫌うわけでもないが、ある程度の傷は残しつつ時間をさかのぼって「こんなだったろうな・・・」というギリギリの線で古典と対峙してみた。こういう勉強はもっとしないといけないな…
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ