2007/9/30  1:47

日本人はいったい何処へ?  

廃校になってしまった、奥秩父は大滝村の荒川左岸に佇む美しい「光岩小学校」。先日のトレイルの際に偶然立ち寄った。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和の初期の建築という。しばし見とれてしまった。


クリックすると元のサイズで表示します
学校名の由来、教室から臨む光岩(右上部の絶壁の露岩)
夕日があたると燦然と輝くという。

クリックすると元のサイズで表示します
学校最後の28人の子供達。今は何をしているのだろう…
胸の奥に、この美しい原風景だけは確りと刻み込んでいるに違いない。


クリックすると元のサイズで表示します
がらにもなく、ちょっとホロリときてしまいそうだった。
山村の過疎化と深刻な人口の都市集中。
我々日本人はいったい何処へ何を求めて進んでいるのだろう。
これだけ素晴らしい環境下のこれほど美しい小学校が、
経済効率や合理化の名の下、廃校に追い込まれていくような社会は、決してマトモな社会とは思えない。
統廃合して吾が学び舎を失った子供達の気持ちを考えると本当にいたたまれない。

我が息子達の小学校も三校が統廃合の末、新たに新築された素晴らしい小学校だが、年々児童数は減少の一途をたどり、再来年には複式学級になるものと予想されている。

また平成21年からは熱熱の美味しい給食を提供している自校給食も、調理師の人員削減により廃止の方向で話しが進んでいる。
なぜ一番持ち込んではいけない採算や効率という観念を「教育」という場に持ち込むのか。
子供達は給食で嫌いな食べ物が出ても無理して完食するのだという。
なぜか?
給食のおばちゃんの顔が見えるからだ。やっぱり残したら悪い気がすると…
昨今話題に事欠かない「食育」とはこういうことではないのか?

土建屋と癒着して、年度末に必ず国道路掘っり返し、無駄な林道造る余裕があるなら、給食の調理師一人雇う予算がなぜ出せないのか?
社会は完全に間違った方向に逝こうとしている。
その軌道修正を政治に期待するのは、もはや徒労というものだろう。
0

2007/9/23  0:40

高水三山  自然

天気も良いのにここのところ引き篭もらざるをえず、もう走りたくて頭おかしくなりそうだった。仕事も一段落したので、一路青梅は高水三山へ。
成木川上流を登り黒山を経て、岩茸石山、高水山を三座。アップダウンが意外に激しく気持ちよく疲労困憊。いや〜〜山はいいすねぇ山は!

クリックすると元のサイズで表示します
プロムナードはちらほらと彼岸花の川床。

クリックすると元のサイズで表示します
小ぶりだけれど幾段にも分け落ちる秀逸な滝。

クリックすると元のサイズで表示します
林道脇のへつった岩盤の裂け目から滾々と沸き出る美しい泉。冷たくて美味かったなぁ〜〜

クリックすると元のサイズで表示します
お留守かな?

クリックすると元のサイズで表示します
サインはV(古ぅ〜)

クリックすると元のサイズで表示します
低山の長尾根が幾重にも連なり、まるで十二一重のよう。

クリックすると元のサイズで表示します
山頂でしばし寝転んでしまいますた。気持ちええデェ〜

          
クリックすると元のサイズで表示します
おまけ。 でかすぎるってこの毒キノコ。(オニシロタケ、たぶん)
1

2007/9/9  0:45

滝!瀧!多岐!  自然

向かいの山の林道がゴッソリと崩落するくらい、近年にない凄まじい雨台風だった。地元の山々はどうなってるだろう、ちと危険だが名栗は有間ダムから逆川林道を蕨山付近まで上がってみた。案の定落石や土石流で林道はずたずた。当分車は通行不可だろう。台風の後の山は流石に恐い。しかし、林道をかすめる両脇の小さな沢は、普段の様相とは全く別の顔で龍頭の滝となって、天をも劈く轟音を立てていた。

クリックすると元のサイズで表示します
うわ〜〜真っ茶色!

クリックすると元のサイズで表示します
普段何もないダムサイトのコンクリートの壁に、30mはあろうか、巨大な滝が出現。大雨のたびに滝になるのか轍が付いている。


クリックすると元のサイズで表示します
冷風扇か。前に立つと底冷えする。

クリックすると元のサイズで表示します
今日だけは奥入瀬渓谷なみ。

クリックすると元のサイズで表示します
いたるところに小規模な土石流が発生していて道は寸断されている。

クリックすると元のサイズで表示します
大雨でも分水嶺はさほど影響なし。

クリックすると元のサイズで表示します
陽の落ちるのが早くなったなぁ…
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ