2009/2/8  1:17

凄まじい字書!!  篆刻

当サイトの掲示板でもおなじみの天の香具山センセより『戦国文字声系』という凄まじい字書をご紹介いただいた。
我々印人にとって殷周以後、秦漢以前の戦国期の古文字を扱うにあたり、戦国列国(韓、魏、趙、斉、燕、楚、秦、晋)の文字を系統別に分けて使うことは非常に難儀なモノがあった。
今までは羅先生の『古爾文編』を頼りにしていたが、秦始皇帝の文字統一以前の各国で通用していたいわゆる「文字の訛り」を国別に示した字書がが殆どなかったのだ。
今回新刊のこの字書は、中国戦国文字研究における第一人者の何琳儀氏により、長年にわたる研究成果を惜しげもなく披露された一大傑作であり、我々印人にとっては天恵といっても過言ではない。何しろ上下二巻に戦国期の膨大な文字資料を国別、用途別に示してあり、なんと1600ページに亘り全て手書き。しかもめっさ巧い。
本を手にしたとき、そのあまりの凄まじさにのけぞってしまいました。
こういった前人未到の偉大なる業績の恩恵にあずかれるという幸せを、私は噛締めずには居られません。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
驚愕の全手書き字書。基地外です。素晴らしすぐる。

クリックすると元のサイズで表示します
字書を眺めているだけで、制作意欲が激しく沸き立ち、とりあえず「希夷」と「希」で作ってみますたぁ。今回は「晋」国系の文字で。
今までこんな「希」の字見たこと無かったなぁ…

いゃぁ〜しかし実に嬉しい。文字を正確に使えるというのは何にも替えがたいことです。
ご要り様の方はこちらの書虫が幾らか安く買えます。
http://www.frelax.com/cgilocal/getitem.cgi?db=book&ty=id&id=ZGGW032428

巷で持て囃されてる風の某世界的天才書道家にも紹介してさし上げようかしら。
え?無駄ですか、そりゃそうですな。字書なんか引かないものねぇ^^
っつうか『書道字典』すら持ってなかったりして…
0

2009/2/2  21:28

浅間山噴火  自然

今朝雨戸を開けると何やら温泉街に来たのでは?と錯覚するくらい、硫化物臭が鼻を突きました。見れば一面真っ白。
そりゃニュースで浅間山のことは聞いていましたが、こんなところまで運ばれてくるとは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
それにしても積もりましたな。車のフロントガラスが真っ白です。


クリックすると元のサイズで表示します
奥むさし駅伝後、充分すぎるくらい身体を休めたので、火山灰は降りましたが快晴の今日、久し振りにトレイルしてみました。登っていない山を捜すのが難しいのですが、大高谷山という今までノーマークだった人気のなさそうな山を地図上に発見。登山道も示されていませんが、とりあえず仕事道くらいはあるだろうと、トレイル敢行。
快晴の青空と蝋梅の黄色は見事なコントラスト。

クリックすると元のサイズで表示します
明るく気持ちのよい仕事道。

クリックすると元のサイズで表示します
おそらく個人の仕事道だろうが、山道に入ってもよく整備されている。

クリックすると元のサイズで表示します
杉林のなかに、突如として現れたツリーハウス。いいなぁ…

クリックすると元のサイズで表示します
つまらない。実につまらない…何だこの山頂は。道標も山頂表示もなし。
全く人が歩いた気配もなく落ち葉がかぶさり踏み跡を捜すのが難しい。しかも滑る。


クリックすると元のサイズで表示します
下山途中の明るい樺林。非常に美しい。

クリックすると元のサイズで表示します
梅の花芽もふっくらと…

クリックすると元のサイズで表示します
念力により植物の成長を促がす案山子。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ