2010/5/31  1:30

奥義か?  篆刻

ここのところ、天の香具山氏が現代中国の最高峰ともいえる著名な篆刻家G先生より、直伝された刀法について、丁亥印社社員で激しく研究しております。
かなり微妙な話ですし、しかも解り難いことこの上ないので、巧く説明できませんがお許しください。

以下は、私が今まで二十数年間続けてきた、いわゆる斜角入刀法と、そのG先生直伝の直裁法(仮称)にて同じ文言を同じ条件で刻し、双方を比較したものです。
先ずは、今まで私が行ってきた斜角入刀法での印面と印影をご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します
刻している最中は、布字線の際をしっかりと捉えながら刻すことが出来るので非常に彫りやすいのですが、刃先に働く力のベクトルが実線の方向と印面の奥方に分散されるために余計な力を入れなくてはならず、刃が石に食い込み進みが悪くなります。

そのため線一本を一気に彫り進むことが出来ずに骨格が寸断され、エッジの角度が微妙に異なり、X字の底も凸凹が残ります。線に自然な骨が得られていないことに注目。
また、始筆と収筆を拵えあげなければならず、僅かなミスタッチで不自然な溜りが出来ます。(羊字の横画など)

クリックすると元のサイズで表示します
斜角入刀での印影。出来るだけ線の際を自然に刻していますが、どうしてもエッジの角度がところどころで異なるため、捺印の強さや印泥の量によっては、不本意な被りが生じ、線の肌に望まない痩肥が出来ます。畢竟、骨格も揺らぎます(亡の中心線など)。

クリックすると元のサイズで表示します
さてこれは、直裁法での印面。余分な力を加えずに、線一本を始筆から収筆まで一気に刻せるため、エッジの角度にほとんどムラができず、したがってV字の谷底も一本筋が通り、それが即、線の骨になり書線としてとても健全な状態です。
自分で言うのも何ですが印面の美しさが物語っているでしょう?
始筆収筆の処理も最低限の補刀で処理することが出来、とてもシンプルです。
よく篆刻の入門書に出てくる図解されたものに等しく、模範解答のような印面ですが、あらゆる入門書に書かれてあるとおりに刻しても、絶対この印面にはなりませんw…保証します。
直裁法のみ可能だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
直裁法での印影。線に骨が通るので、立体的で強い線になり、筆画の交接部分も強靭になります。何より限りなく書線に近く安定感も出ますし、エッジの角度にムラが無いので、線の皮肌が清清しく清潔感も出ます。


私は、天の香具山氏に何度もしつこくご教示頂き、且つ図解までしていただいてようやく理解できました。今まで考えたことも無い刀法であり慣れるのに非常に時間がかかります。しかもこの刀法、口で巧く説明できない。そしてなにより石の中に埋もれている刃の先端を、刻している瞬間に先行想像しながら、刃先だけでなくまた切っているエッジだけでもない、刃渡り全体を意識して刻さないと出来ないのです。
しかし一度理解できると、今までの半分の力で刀が進んでいることを知覚できます。
全く余計な力がかからない。なにか武道の奥義を体得したような感覚になり、気分も高揚しますw

暫くはこの方法を出来るだけ自然に手に染込ませられるよう努力して、仕事をしようと思っています。
8

2010/5/25  11:05

短い遊印十顆セール!  篆刻

おかげさまをを持ちまして完売となりました。感謝感謝ですm(_ _)m今後とも何卒よしなにお願い申しあげます。
新作の短い遊印十顆です。これは割れたり不純物部分を除去したときに残った短くなった印材を使ったものです。大きいもの(2cm角内外)はオール3000円。小さいものは2000円でする。袴は付いてませんが、印材は磨いてあります。中には「ぬぬ?これは本当に希夷斎の刻か?」というようなものもありますが、刀法がかなり変わりましたのでこのような表現も吝かでなくなりました。
もしお求めいただける場合は、このページのコメント欄か、或いは当工房にメールいただければ幸甚です。
メールはiwanami-k@mtf.biglobe.ne.jp
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
「行雲流水」の印面です。かなりど厚かましい彫り方です。
クリックすると元のサイズで表示します
@「自在天」(7分程度)

クリックすると元のサイズで表示します
A「入無間」(8分程度)

クリックすると元のサイズで表示します
B「月到天心」(8分程度)

クリックすると元のサイズで表示します
C「行雲流水」(7分程度)

クリックすると元のサイズで表示します
D「若虚」(5分)

クリックすると元のサイズで表示します
E「淡如水」(たて7分)

クリックすると元のサイズで表示します
F「好古」(たて4分)

クリックすると元のサイズで表示します
G「墨狂」(3分)

クリックすると元のサイズで表示します
H「天楽」(たて4分)

クリックすると元のサイズで表示します
I「楽只」(たて4分)

残り、「天楽」と「楽只」二つで2000円にします。
3
タグ: 遊印 篆刻 はんこ

2010/5/9  21:07

激しく武甲山トレイル  マラソン

昨日は素晴らしい天気だったので、とにかく山を走りたいと、近くで一番標高の高い武甲山に。気温が高いこともあり激しい疲労感で、帰ってからは殆ど何も出来ず寝てしまったので今これを書いています。

クリックすると元のサイズで表示します
横瀬駅付近からやっとたどり着いた「一の鳥居」ここから本格的トレイル。

クリックすると元のサイズで表示します
道中、900m付近にある持山寺跡。供養塔だけがぽつんと残る。

クリックすると元のサイズで表示します
林道終点のシラジクボの峠。尾根上には若葉萌えるカラマツ並木。ここから後300mののぼり。若干酸素が薄いのが分る。息の切れ方が尋常じゃない。

クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近までオオバイケイソウの群落。凄い。写真中央奥にシカの頭が見えるかしら?

クリックすると元のサイズで表示します
カラマツの疎林の向こうに険しい山容の両神山。

クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近「武甲山の肩」から振り返ると、小持山と大持山。

クリックすると元のサイズで表示します
山頂にフェンスが張ってある山も珍しい。石灰採掘のためしたには広大なグランドが出来ていてトラックが行き来している。悲惨な光景。しかし秩父の雄。1300mという標高から一気に急降下して市街地に至るので、眺望は他の山に比類ない。写真中央には小さく芝桜公園が見える。

クリックすると元のサイズで表示します
三時間も走ればこんな美しい景色に出会えるのです。私は何て幸せなんでしょう。
この美しさは何にも代えがたい。

クリックすると元のサイズで表示します
下山途中。橋立川の滝。火照りまくった身体に冷気が一気に当たる。最高!

クリックすると元のサイズで表示します
橋立林道終点に、何故か佇むお回りさん。う〜む、、、このセンスは…
クリックすると元のサイズで表示します
・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
武甲山は全山石灰石なので鍾乳洞も出来やすい。麓の橋立鍾乳洞上の大絶壁。凄い迫力だ。

クリックすると元のサイズで表示します
影森方面に下っていくと、おっ?これは多分鉄道路線跡だな…何故か和手氏はこういうところにノスタルジーを感じてしまう。
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱりな…なんか興奮するw

全行程27`ほど。今日は全身筋肉痛で大人しく仕事してますw
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ