2010/7/31  2:02

うさぎ危機一髪  食い物

あるうだるような暑い日。
外出から帰ると、庭先に出しておいた兎小屋の中で、手足を投げ出したままぐったりと横たわる兎が見えた。この暑さでは流石にグロッキーになってしまったのだろうと、小屋を日陰に移動しようとした瞬間、思いもよらない光景に愕然とした。

なにやら太い紐状のものが兎の身体にぐるぐると巻きつけられている。
苦しそうに兎はクウクウと小さな声で呻き、鼻血まで流しているではないか。
兎に角、まずこれを解かなければならない。
小屋の上蓋をあけると、その太い紐は鎌首をもたげ、尚も兎を締め上げつつこちらを威嚇してくる。
こちらも怯んではいられない。
庭先の潅木の枝を折り、それで頭を何度も引っぱたき、相手がへたり込んだ隙に、首根っこを素早く掴み、そのまま一気に上に持ち上げると、まるで着物を着た女性の帯を手繰り寄せ、くるくると帯を解くように、兎は回転しながら地べたにどすんと転がり落ちた。

とりあえず一件落着だが、兎はショックで立ち直れないらしく赤い目玉は半分以上飛び出て、相変わらず鼻血を流しながら尋常ならざる激しい呼吸を繰り返し瀕死の状態だ。少し暗いところで落ち着かせなければと、ダンボール箱に新聞紙を詰め込み蓋を閉めて冷暗所に置いてやった。
一時間もすると箱の中からはびりびりと新聞紙を破く音が聞こえてきたので、蓋を開けると元気を取り戻した兎は先ほどの恐怖を忘れるためか、果てまた憂さ晴らしか、気が狂ったように新聞紙を口で破り続けている。
もう大丈夫だろう。

しかし、1.5mを越すオアダイショウ。兎を丸呑みにするつもりだったのだろうか?
いくら蛇の口は大きく開くといっても、兎は無理でしょうよ…

この蛇、食べてみないか?家族に相談してみたが、全員の反対と顰蹙買い、私のささやかな希望は実現されなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: うさぎ 青大将

2010/7/18  20:48

ムカデに咬まれる  基地外

一昨日の晩、文机でいつものように仕事をしていると、突然左足中指に激痛が走り、慌てて胡坐を解いた指先を見れば、12pはあろうか赤青ツートンカラーのそれはそれは毒々しいグロテスクな節足動物が、噛み付いたままぐりんぐりんとのたくっていた。
深夜にも関わらず「がーーぁーーっ!」などと絶叫しながら慌てて払い落とし、傍にあったフマキラーのスプレー缶をおもむろに掴み、ハッとして気が付けばシューっと吹きかけるよりも早く、缶の底で原型を留めなくなるまで、半ば半狂乱で連打している自分がいた。
大型のムカデだから、急いで毒を吸い出さなくてはと、左足指先を口に持ってくるが、咬まれたのが丁度指の股の部分で思うように口が届かない。しかも歳相応に身体も硬く腹も出て来たので、苦しいことこの上ない。
結局うまく吸い出すことが出来ず、患部に爪を立ててぐりぐりと揉み出すが、それでも赤い血の玉が多少膨らむ程度で一向に毒液の出てくる気配がない。
まあ、あまり気にする必要もないほどの量だったかなと、その夜は痛みもそれほどなかったので気にせず床に就いた。

しかし、しかしだ。
翌日の私の左足は、誰か他人のもののように赤々と腫れ上がり、咬まれた指先などより足の甲の部分が「イカ飯」のごとくパンパンに膨れ、見るもおぞましい状態になってしまった。
そして末端神経だけに気が狂わんばかりの殺人的な痒みが、左足首以下全体を覆いつくしている。
また、歩くと足の裏に玉のようなものの存在を感じ、いかんともしがたい。これでは当分走ることも出来ないだろう。
炎症をおこしているためにかなりの熱を持ち、明らかに左右の足の温度が違うことが分る。
四六時中の断続的な痒みのため、全く仕事に集中することが出来ず、全てにおいてヤル気が削げる。
足を冷やせば少しは痒みが止まるだろうと、今日は子供と下の渓流で足を冷やしながらアンマ釣りをするのがせいぜいだった。
皆さんくれぐれもムカデにはご注意下さい。惨々な目に遭います(ToT)
↓痛々しくパンパンに腫れあがった足の図
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/7/3  1:10

希夷斎特製封緘印四種  篆刻

お蔭様をもちまして、封印全部嫁に貰われて行きました。心よりお礼申しあげますm(_ _)m
クリックすると元のサイズで表示します
封書の封印を作ってみました。全て古典のデザインから採用しています。書道家の方は結構利用頻度高いかと思います。
一顆3000円均一で如何かしらん♪
ハカマは付いてませんが、印材は磨いてあります。
もしご入用の方がいらっしゃいましたら。ここにコメント頂くか、iwanami-k@mtf.biglobe.ne.jp にメールくださ〜い♪ 

クリックすると元のサイズで表示します
@●m(_ _)m漢画像石から立仏像。文字は古隷にて。画像石拓本特有のファジーな感じを入れました。いい加減さが味。

クリックすると元のサイズで表示します
A●m(_ _)m元時代の花押印封に。何となく亀w

クリックすると元のサイズで表示します
B●m(_ _)m!こちらも元押風に琵琶印。たて5分と少し小さめ。

クリックすると元のサイズで表示します
C●m(_ _)m!魚君。鱗に見立てて甲骨文字の『封』を入れました。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ