2012/7/20  23:59

ここはロシアか?  

工場が稼動したときの製品輸送などに於ける税関手続きで、最終的な税関登記をここから1,200`離れた、ロシアとの国境の街、満州里にて手続きせねばならず、往復で2日間、中、登記手続きで丸2日の三泊四日で行ってまいりました。
ここ科左后旗から車で通遼まで二時間、通遼空港からフルンボイルのハイラール空港まで飛行機で二時間、ハイラールから高速バスで満州里まで三時間w
まぁ私は鞄持ちで、実際は部長さんが指示を出し中国人社員さんがやるんですけどねwハッキリ言って私は邪魔なだけですがw

クリックすると元のサイズで表示します
ハイラル空港から満州里まで、延々数百キロ続く果てしない大草原。世の中にはこんなところが在るのです。

クリックすると元のサイズで表示します
大草原を川のように流れる牛。

クリックすると元のサイズで表示します
異国情緒たっぷりの満州里。実際ロシア人が多く、建築もゴシック風やモスクが建ち並ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します
街の中心の時計台。これだけ見ると中国だとは思えません。

クリックすると元のサイズで表示します
ここはロシアとの貿易の拠点。漢字とロシア語が混在する街並み。

クリックすると元のサイズで表示します
絵葉書のような、湖畔の夜景

クリックすると元のサイズで表示します
夜8時半でも明るく長い夏の夜。夕涼みする人々。

クリックすると元のサイズで表示します
国境の門。この先はロシア。

クリックすると元のサイズで表示します
国境を通過する貨物列車。

クリックすると元のサイズで表示します
延々続く長い柵の向こうはもうロシア。柵を越えたらすぐ逮捕されます。

クリックすると元のサイズで表示します
いくらかお金を払うと笑顔で一緒に写真を撮ってくれるロシア美女たちw

今回、満州里という町に行って驚いたのはゴミが落ちていないということ。ロシア人観光客の多いこの街では、政府も街の美化を徹底している様子がよく分かります。大変過ごしやすい美しい街でした♪

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ