2016/10/23  14:04

大家個展ご案内  篆刻

秋桜咲き、山入端も次第に色付く季節になりましたが、展覧会もめじろ押しとなりました。
当工房の印もご愛顧頂いており、私希夷斎が尊敬して已まないお二人の先生の個展が催されますのでご紹介いたします。佳い作品とはこういう作品をいうのです。
いいですか?絶対に見逃してはなりませんよ(-ω-)/

先ずは渡部大語先生
ごちゃまぜごはん的とはいいますが、まずごはんが魚沼産コシヒカリに負けない薫り高い絶品。
そして様々の具材に一手間二手間かけた逸品の数々。一口食べる毎に違った旨みと馥郁たる芳香に感嘆の吐息を漏らすこと必至です。是非!

クリックすると元のサイズで表示します
渡部大語のごちゃまぜごはん的書道展

会期:2016年11月16日(水)〜23日(水)
時間:午前10時〜午後6時 
   ※20日(日)は大学が休みのため閉館

会場:早稲田大学 26号館10階 125記念室
早大正門前バス停傍の15階建てビル

主催:書道研究途上社 
協力:早稲田大学文化企画課

そしてもうひと方
長瀬沙炎先生
漢詩も短歌も自詠、もちろん自書、そして自画。それも苦労してひねり出した作品というよりも息をするように当たり前に普通に楽に詠み書き描く。
日々ごはんを食べるように、生きていく中で心に留まる様様な情景や心模様を読み上げ書き残す中での膨大な量の作品。凄いですよ(-。-)y-゜゜゜
是非!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

「作家」とは日々作り続けて生きること。この両先生のごとく。
1

2016/10/21  15:22

刻字第八作(金石三吉)  刻字

刻字up八作目です。

木彫を趣味としていた義父の遺品に、材質の分からない根元部分であろう、老樹の輪切りの一部がありましたので日の目に当てたく刻字を施しました。硬質難刻で大変時間がかかりましたが、
「萬歳」を瓦当、「大吉祥」を古刀銭、「安寧」を布銭にし「金石三吉」と題しました。長さ30cmほどの小品ですが、ご高覧いただければ幸いです。

クリックすると元のサイズで表示します
木口になりますので木目は年輪様となり、ちょうど木印を彫るのに準じます。
表面は鉋で荒出しし、サンダーで磨きました。年輪が鮮やかなので浮かしの外堀は最小限にしました。

クリックすると元のサイズで表示します
古典中に現存する「萬歳」瓦当を縮小して入れました。なるべく忠実に刻し色は篆刻石材を研磨した時に出る石粉に松煙墨と朱墨を混ぜて灰赤色を調合し塗り重ね、古味を出すために鉄錆粉を少し撒き。最後に金箔を貼りました。

クリックすると元のサイズで表示します
古銭は青銅製の鋳造物ですので、緑青を少しザラつかせたような雰囲気がほしいので、アクリルのフラットベースを用い、これも最後に鉄粉を撒きました。辺縁もザラつかせたかったのであえて磨かずに金箔を置きました。落款は印友飯島俊城氏刻の私のあざなの印「子彊」がこの作にぴったりハマりました。
このような様式の金石木彫作品は初世、二世中村蘭臺や松丸東魚が秀逸な作を多く残しています。
佳いもの見るとついぞ真似したくなってしまうものです。

丸二日ぶっ通しで寝食忘れ、作品制作に没頭できる時間を持てるこの幸せ。
先人の恩恵はじめ、今回は色の調合など度々様々なご教示頂いている金子玄石師匠、全てに感謝ですm(__)m
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ