2017/1/30  1:43

刻字第13作「紫檀凹彫」  刻字

クリックすると元のサイズで表示します
木彫を趣味にしていた義父の遺品に赤味の強い紫檀板がありましたので刻してみました。
以前から刻したかった陶淵明の詩の一節、これは有名どころですが、
「采菊東籬下 悠然見南山」12cm×45cm

菊を采(と)る東籬(とおり)のもと 悠然として南山を見る

です。
私も野良仕事などで草刈をしてふと見上げれば悠然と目前に山が迫るところに住んでいますから、陶淵明の詩には共感するものが多々あります。
これを時代は随分と遡りますが、戦国時代の三晋地域の装飾的な金文で入れてみました。
赤味が強くまた木目が渦潮のように複雑な逸材ですので、これを活かしたく鳥虫篆気味で縦長のスタイリッシュでカジュアルな文字に動かしました。
文字の色入れは木地の赤を目立たせ、文字のポップな感じを際立たせるためにパール色のターコイズで金の縁取りを入れました。縁取りには随分時間がかかりましたがww

クリックすると元のサイズで表示します

小さな作品ですが、割とオシャレなものになったような気がします。額に入れたらいいかなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは原本。
金文も殷周時代の重厚なものから、戦国列国の時代を経ると何かと華美になったり装飾性が強く、ややもすると退廃的とか俗調に陥ったなどと評されがちですが、私は文字を美化しようデザインしようとする人の英知と解釈します。もちろん良いものもあるし悪いものもある。古ければ良いということではなく、どんな時代でも良いものもあれば悪いものもある。と言うことです。
これも自家表具しようと思います。
9
タグ: 刻字



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ