2022/2/4  21:09

會津八一書『秋艸堂』刻字看板  刻字

クリックすると元のサイズで表示します
昨年、師走も半ば過ぎ、新潟市會津八一記念館館長、野中浩俊先生より、會津八一書『秋艸堂』扁額の刻字看板を制作せよと拝命。野中先生にはご自身の書作品を過去7点ほど刻字作品へ、と私に託して下さっていたご縁もあり、この度のご依頼を承ったものと存じています。しかし刻字家としてはほとんど業績もない市井の自称篆刻家の私などが、そのような大それた仕事を請け負ってよいものだろうか。相当悩みもし、失敗は出来ないという恐れから胃の痛む思いも持ちながら、製作期間約一か月間を要し2月1日に無事、會津八一記念館へと届けることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
 元来、刻字にする目的として書かれてはいないこの作品を、どうやって立体的に仕上げて行くのか。とくに「秋」字、禾偏部の真っ黒である墨溜まり部分の書線を立体的に立ち上げるには、どうしても見えない線を具現化すべく、ねつ造しなくてはならなかった。単なる自称刻字家の私が秋艸道人の書線を思うままでっち上げ、果たしてコレで良いものか。何処かから「そうじゃあないんだよ!」と叱責の声が聞こえそうではあったが、心を無に戻し彫り進めると、その独特な筆捌きを追体験し、改めて強く秋艸道人の作品の凄まじさに触れることができた。更に彼自身が自らの書きぶりに「コレでいいのだ!」と言っている気がした。そこに込められた思いを受け、それに背中を押され「コレでいいのだ!」と、一切の迷いを振り払い鑿を進める事ができた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今回の製作は私にとって一生に一度あるかないかの大きな重責を担う仕事だっただけに、存外納得のゆく作品となった事が大変嬉しく、またこの様なありがたい機会を賜り、そしてこのような記念館の入り口、エントランスという誰もが目にする特別な場所にお掛け頂く光栄に、會津八一記念館の職員の皆様には衷心より感謝申し上げる次第です。
クリックすると元のサイズで表示します
#會津八一 #會津八一記念館 #會津八一の書 #會津八一の刻字看板 #秋艸堂 #秋艸道人 #秋艸道人書 #刻字 #刻字看板 #秋艸堂看板 #刻字扁額作品 #希夷斎 #希夷齋 #希夷斎の刻字 #希夷斎作會津八一書「秋艸堂」刻字扁額 #希夷斎作會津八一記念館看板
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ