2012/7/29  20:37

たとえばこんなダサさで。  篆刻

印材も長白石のよくないやつ、磨いてないし、袴もつけられない。包丁砥ぎで印面擦って、黒マジック塗って布字せずそのまんまダイレクト彫りw
とりあえず側款は彫ってみましたが…
内モンゴル滞在時、鍵斎のやる気の無さがそこかしこに見てとれる、プレミアム低クウォリティー雅印w
いかがですか?

クリックすると元のサイズで表示します
「広漠無辺」敢えて俗字のまま。ん〜…ゆるいな…ゆるいw

クリックすると元のサイズで表示します
沙炎は蒙古砂漠にちなんで「砂煙」にしちゃったw

クリックすると元のサイズで表示します
一応まだ、側款彫る技術はそれほど落ちてなさそう。
3
タグ: ダサださ印



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ