2017/7/1  10:39

刻字第20、21作  刻字

クリックすると元のサイズで表示します
刻字第20作21作目です。光栄なことに新潟大学恩師の野中吟雪先生のご依頼で二作。このスナップは先般納品先の岐阜にて先生と刻字をご依頼された先生方とのお披露目を兼ねた小宴にて野中先生と。こうして私の拙刻に信頼を頂き、良い書を世に残すことができるというのは、刻者冥利に尽きます。

クリックすると元のサイズで表示します
「松涛」桧材1100×360
穂先の通り道をあらわにキレキレの稜線で厳しく刻しました。
ご依頼主、先生にもお気に召していただけた様子で安堵。

クリックすると元のサイズで表示します
「心斎」桧材1100×360
心の最終画のダイナミックな表現停止部分など、どのように刻せばより原本により近づけるのか悩みましたが、深く刻すのはもちろんのこと、実線よりも基底部を若干奥まで彫り進めることにより影の付き方が濃く出るので、その止めでもなく抜きでもない、まさに筆をその位置で断ち切る独特の表現を鮮明にできるようです。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ